[味の素]海外戦略の全貌を知る(complete)

「文化の異なる異国の地で、現地の人の口に合った商品をどう作り、どう売るか」――。

海外でビジネスをするうえでは、小手先のテクニックではなく、「真の現地視点」が必要です。日本人の生活におなじみの調味料を数多く販売する「味の素」は、100年以上前から海外展開を進めています。

今日からの2週間は、味の素の藤江太郎・常務執行役員をメンターとしてお招きし、同社の海外戦略を学びます。フィリピンを舞台に、「現地の人の生活を知るには?」「現地社員と協力して事業を成功させるには?」といった海外事業の視点を学びましょう。今週は、フィリピンの食文化を中心に、来週には実際にフィリピンで味の素の商品を売るための方法をクイズ形式で学んでいきます。


■今週のプログラム進行予定
7月17日(火)=「味の素グループが海外展開するときに大切にしていることは?」
7月18日(水)=「海外の味の素グループで仕事をすることになったら、どのように社会に貢献しながらどんな経済的価値を生み出していきたい?」
7月19日(木)=「フィリピンの食生活や生活習慣で日本とは違うところは?」
7月20日(金)=「フィリピンの人々が食事で困っていることや健康課題は何?」

Page Top
前のページに戻る