1. TOP
  2. ニューズレター

ニューズレター

  • ニューヨーク支局

    2020年の大統領選を新型コロナウイルスの大混乱の中で終えた米国。選挙でより顕著に浮かび上がった国民の分断は、新政権が誕生した後も米国の政治経済を揺るがし続けています。米中の溝が埋まらず世界情勢も混沌とする中、米国の動向を見守ることが日本にとっても欠かせません。ニューヨークから米国の最新ニュースをお届けします。

  • 上海支局

    新型コロナウイルスの流行を抑え込み、いち早く経済を回復軌道に乗せ一人勝ち状態を築いた中国。国内経済を活性化しつつ海外への影響力を増すことで、米国からの圧力を跳ね返そうとする姿勢が鮮明になっています。日本企業は巨大な隣国、中国とどう向かい合っていくべきなのでしょうか。上海支局から中国経済の実情をお伝えしていきます。

  • シリコンバレー支局

    テクノロジー大手やスタートアップがひしめく米シリコンバレー。米国外からも投資家や研究機関が集まり、世界屈指のテクノロジーエコシステムが形成されたこの地で何が起こっているのか。日本企業はシリコンバレーなど海外のリソースをどのように活用していくべきか。現地の情報をもとに読み解きます。

  • バンコク支局

    サプライチェーンを支える重要拠点であり、有望な消費市場であり、そして世界の安全保障の要所でもある東南・南アジア。米中対立の激化や新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態は、このエリアに対する各国・企業の注目をさらに高めました。日系企業をはじめ様々なプレーヤーの思惑が交差し、複雑になる一方の網の目を、現地ニュースを手掛かりに解きほぐしていきます。

  • ロンドン支局

    欧州は米中アジアに比べ、日本と関連のあるニュースが少ないかもしれません。しかし、自動車を中心とする製造業への依存度が高く、企業改革や規制対応などで日本企業の参考になる動きも多くあります。また、文化や思想の違いに基づく振れ幅の大きなニュースは、我々の視野を広げてくれます。欧州の国や企業の最新動向から、日本の課題解決のヒントを探ってみてはいかがでしょうか。

は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

日経ビジネス電子版有料会員になると…

専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

日経ビジネス最新号&9年分のバックナンバーが読み放題