3分で実行できる眠気覚ましストレッチ

1. 背伸び

 両手を真上に上げて、全身を伸ばす。仲野さんによると、「忙しければこれ一つでもいい。最も重要な基本ストレッチ」だ。イスに座って行なってもいいが、今回は立って行なう方法を説明しよう。

(1)足を肩幅に開き、両足の爪先が(Vの字ではなく)平行になるように立つ。親指の付け根、小指の付け根、踵(かかと)の3点に重心を置くことを意識する。こう立つことで体の中心軸が安定する。(2)あごを引いて、背中を真っ直ぐに伸ばす。身長を測るときのように立つのがコツ。両手を真っ直ぐ前に伸ばし、手の甲を自分に向ける形で両手を組む。(3)肘を伸ばし、そのままゆっくりと両手を頭上に持っていく。顔は手の甲を見ながら、一緒に上に向けていく。床と垂直になるまで手を上げたら、顔を戻す。(4)日常用語の「背伸び」は爪先立ちになることだが、ここでは踵を床から離さない。両手と両足で全身を上下にグッと伸ばす。5秒ほどキープした後、ゆっくり手を下ろす。
[画像のクリックで拡大表示]

2. 足首クロスストレッチ

 長時間座ってデスクワークをしていると、どうしても足の血行が悪くなり、それが眠気をもたらすことになるという。続いて足のストレッチだ。

(1)「背伸び」と同じく、足を肩幅に開き、両足を平行にしてまっすぐ背中を伸ばして立つ。(2)左足を右足の斜め前にクロスし、足の裏全体を床に着ける。(3)そのままの姿勢で、右足の爪先を10回上下させる。爪先を上げるときは、ふくらはぎの筋肉が伸びていることを意識する。(4)右足を左足の斜め前にクロス。左足で同じ動作を行う。
[画像のクリックで拡大表示]