寝起きからシャキッと頭が冴える昼寝の長さは?

ここで行われた作業は、3個の数字が1秒間提示された0.5秒後に8個の数字が2.5秒間提示され、その中に最初の数字がすべてあるか判断することを繰り返すというもの。「眠気」「疲労」「作業意欲」を主観的に判定し、100点満点で何点に感じるかを10分ごとに申告させた。仮眠を取った後は作業時間が経過しても疲労度が低く、「疲労を予防する効果」もあることが分かる。(Ergonomics. 2004 Nov;47(14):1549-60)

閉じる