まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

食品会社に勤務する36歳。秋恒例のイベントは、同期入社の仲間との温泉旅行だ。旅先から戻って、写真を見るのも楽しみの一つだったが、最近、それがドキドキ。原因は、写っている自分の髪の生え際が後退し、おでこが毎年少しずつ広くなっているからだ。普段は、毎日鏡を見ているから気づかないが、年1回だと悲しい現実を突きつけられてしまう。3年前の写真と比べると見るに堪えない。このまま進行すれば、40代では立派なハゲ頭。もしかしたら、このまま結婚できないかもしれない…なんて考えるとどんどん暗くなる。誰かオレの脱毛前線をストップする方法を教えて。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「おれ、もしかしたらMかも」「おれはOだ。どうしよう」…。男は30代を過ぎると洗面所でそんな会話が交わされるようになる。東京医科大学皮膚科の坪井良治教授によれば、日本人男性では30代で約10%、60代で約50%、平均すると成人男性の30%が男性型脱毛症(AGA)を気にしているという。

 AGAは、主に前頭部と頭頂部の頭髪が柔らかく細くなって薄くなる。思春期以降に始まり、徐々に進行して40代で誰の目にも明らかな状態になってしまう。前頭部からMの字のように薄毛になるのがM型、つむじ周りの頭頂部が薄くなるのがO型だ

男性ホルモンの活性化が原因

 AGAが「男性型」である理由は、男を男たらしめているホルモンが深く関与しているからである。主要な男性ホルモンであるテストステロンは、体内で「5α還元酵素」の働きによって、より活性が強いジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、前立腺、精嚢(せいのう)などいくつかの臓器の機能に関わっている。

 問題は、この5α還元酵素が、頭髪の根元(毛根)を包む「毛包」という部分でも働いているということ。坪井教授は「髪は2~6年かかって太く長くなり、3~4ヵ月の休止期を経て徐々に抜けていく。これが髪のサイクルだが、5α還元酵素が作り出したDHTが強く働くと、脱毛シグナルが出され早めに抜けてしまう」という。髪が育たないうちに抜けてしまうから、細い短い毛髪が多くなり、全体として薄毛が目立つようになる。そして、やがては完全に毛根が失われてしまう。これがAGAの発症メカニズムなのである。