前回、傾聴の大切さについてお話ししました。今回は、さらに一歩進めて「相手の立場になって親身に話を聞く」についてご説明します。イメージとしては、「相手が見ている風景を、肩を並べて一緒に見ているような感じ」で話を聞いていきます。話の内容を理解するだけでなく、しっかりと共感することが必要になります。

(5)相手の立場になって親身に話を聞く

 会話する時、多くの人は「相手が発している言葉」だけを聞いています。しかし、その言葉の裏には、その言葉を発するに至った意図や背景が必ず存在します。この部分まで汲み取るつもりで話を聞きましょう。相手と同じ立場で、同じ体験を一緒にしている感じで話を聞いていきます。

 たとえば、相手が今日あった出来事を話している時、そのプロセスを実際に自分も体験しているかのように聞いていきます。楽しかった、嬉しかった、悲しかった、怖かった、腹が立ったなどの「言葉」を聞くだけでなく、自分も実際にその現場にいるつもりになって、疑似体験をするように聞いていきます。

 実は、これができるかどうかが、相手から深い話を聞き出せるかどうかのポイントになります。人は、始めからいきなり本音を話すことはありません。あれこれと話をしているうちに「実はね…」と本音が出てきます。その際に、「この人は、自分と同じ立場になって話を聞いてくれている」と感じてくれると、本音が出てきやすいのです。

人間関係を良好にする「最高の潤滑油」

 この、「相手が見ている風景を、肩を並べて一緒に見ているような感じで話を聞いていく」行為は、人間関係を良好にする「最高の潤滑油」になります。ある人と仲良くなりたいと思ったら、何か気の利いたことを話そうとするよりも、その人の話を親身になって聞くことに注力するほうが得策です。

 円満な家庭を築きたかったら、家族の話を親身になって聞くことが一番です。職場の人間関係を良好にしたかったら、ちょっとした雑談をバカにせず親身になって聞きましょう。「ただ聞くだけで、大丈夫かな?」と不安になるかもしれませんが、心配いりません。難しく考えないで、ひたすら相手の立場になって親身に話を聞いてみてください。それだけで、必ず関係が良好になります。

 特に、マネジメントに携わる方は、部下の話を聞く際にこのことを意識してみてください。部下との関係が良好になるだけでなく、「上司は私のことをわかってくれている」と安心するので、勇気をもって働くようになります。また、何か問題がある時にも、報告・連絡・相談がしやすくなります。結果として、大きなトラブルを回避することも可能になります。

 これは、社外の人に対しても同じです。取引先の社長が「いやあ、社長業ってのも、いろいろ苦労があってねえ…」なんて話をしてくれたらチャンスです。親身になって話を聞いていきましょう。その後にビジネスが大きく拡がる可能性があります。

 こういうと、「忙しくて、そんな悠長な時間はないよ」と感じる人がいるかと思います。でも、こうした会話に長い時間をかける必要はありません。部下との会話なら5~10分程度、取引先との会話なら15~30分程度で構いません。そうするだけで、ビジネスが円滑に進むのであれば、効率の良い投資と考えられるのではないでしょうか。