ワークスアプリケーションズ代表取締役CEO牧野正幸氏の連載3回目。今回は並々ならぬこだわりを見せるファッションについて持論を展開していただきました。牧野氏の各ブランドへの愛を、過激な言葉で表現しています。読者の皆様は、ご自身が好きなブランドのルーツをご存知ですか?

編集前回の記事は、大変反響がありました。アンケートでも、世代論に対して牧野さんへの肯定も否定も、多くのご意見がありました。

牧野氏は、社員4000人を擁するソフトウェアメーカー、ワークスアプリケーションズの創業経営者。現在53歳。趣味はスーツ(写真:菊池一郎)

牧野:読者の皆様が考えるきっかけになったのであれば、何よりです。多くの人に読まれないと、きっかけにはなれないからね。

編集:今回はいよいよ、ファッションについて踏み込みます。待っていた人も多いのではないでしょうか。何しろ、趣味はスーツとプロフィールに入っていますから。

 そもそも、本コラムのタイトルにもなっている、「ジャケットを脱がない」という牧野さんの行動ですが、日本のビジネスパーソンの方には意味が伝わっていない可能性があります。一度、牧野さんからご説明いただけないでしょうか。

取引先に言われても絶対に脱がない

牧野:簡単なことだ。スーツというファッションの歴史を調べてみれば分かる。ジャケットの下に僕らが着ているシャツというのは、本来は下着と同じ。だから、人前でジャケットを脱ぐというのは、下着の露出にほかならない。

 僕は、何事もルーツを大事にする。スーツを着るのなら、スーツは何なのかを知りたくなる。シャツが下着だと分かれば、人前では脱がない。それだけのことだよ。