全4056文字
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載22回目に登場するのは、デジタル広告などを手掛けるMomentumの高頭博志CEO(最高経営責任者)。前妻と死別し、シングルファーザーとして幼い一人娘を育てていた高頭氏だが、今では再婚をして妻、娘との3人暮らしだ。苦労を重ねた先に見えた、高頭家の子育て論とは何か。今回はその前編。

Momentum代表取締役 高頭博志(たかとう・ひろし)氏
1989年神奈川県生まれ。慶應義塾大学在学中の2013年に、日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR?」を中心メンバーとして起ち上げる。同年にグリーの新規事業部門へ入社。主に教育関連新規事業の起ち上げや、グリープラットフォーム内の広告媒体設計業務に従事。2014年9月よりMomentum(モメンタム)を創業し、アドテク事業領域のアドベリフィケーション分野で国内で唯一の商品を展開する。取材時、29歳。都内在住。大手外資系メディアの会社に勤める妻、5歳の長女との3人暮らし。2019年春、第二子が産まれる予定。(取材日/2018年11月21日、撮影/鈴木愛子)

日本初のクラウドファンディングサービス「READY FOR?」の立ち上げに参画した後、グリーで新規事業開発に携わり、4年前に起業。ITを活用した広告事業を展開する高頭社長は、5歳の娘さんを溺愛しているとか。普段はどのように子育てに関わっているのでしょうか。

高頭氏(以下、高頭):平日の週5日の朝、娘を保育園に送るのは僕の担当です。うちの会社はフレックスタイム制度や裁量労働制を取り入れていて、9時までに保育園に寄って9時半に出社しても、オフィスに人はまばらです。ですから、集中して自分の仕事ができますね。

 お迎えも、会食が入る日以外は行っています。時間が合えば妻も一緒に行くようにしていて、2人で迎えにいくと娘も喜んでいますね(笑)。お迎え時間はだいたい夜の19時半頃。夕食も提供してくれる保育園なのでとても助かっています。

 子どもが夕食を済ませていると、寝るまでの時間の過ごし方に少しはゆとりが出ます。娘は今、カードゲームの「UNO」にハマっていて、「お風呂に入って、歯磨きまで済ませたら、UNOの五番勝負をやろう!」と言えば、進んで動いてくれます。

 女の子ですが、ものすごく負けん気が強くて勝負となると真剣なんです。

週末の過ごし方はいかがでしょうか。

高頭:週末も大体、家族と一緒に過ごします。土曜の日中は習い事に連れていくことが多くて、今、通わせているのはスイミングとボルダリング教室です。ボルダリングは珍しいかもしれませんが、活発でゲーム性がある遊びが好きな娘には合うと思っています。

 日曜は起業家仲間や投資先の人と会う機会も多いのですが、そこには娘を連れていくことも多いですね。

仕事に関わる場に小さな子どもを同伴することに、抵抗がないんですね。

高頭:全くありません。割とシリアスな話をする場に連れていくこともあります。

 なぜなら、娘を見てもらう方が、僕がどういう人間かを理解してもらえると思っているからです。