全5088文字
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 今回はスペシャル版として、NPO法人コヂカラ・ニッポンの川島高之代表。大手総合商社の管理職や上場企業の社長を務めながらも、積極的に子育てに関わってきた川島氏。最近では「イクボスの伝道師」として年300以上の講演依頼を受けている。同僚や部下のワークライフバランスを応援しながら、組織として結果を出す「イクボス」が増えるには、どういった工夫が必要なのだろうか。話を聞いた。今回はその後編。

NPO法人コヂカラ・ニッポン代表 川島高之(かわしま・たかゆき)氏
1964年神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工部卒業後、87年に三井物産に入社。2012年、同社グループの上場会社の社長に就任。在任中に職場の業務改善を実施し、残業時間を4分の1まで削減。一方で利益は3年間で8割増、時価総額を2倍に。一児の父としてPTA会長などの地域活動にも積極的に参加した。大手総合商社の管理職、上場会社の社長の経験をもとに「イクボス」の普及のための活動を始め、16年に早期退職し、独立。企業向け講演・研修は年間300本以上。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、ライフシフト・ジャパン取締役も務める。取材時、54歳。神奈川県在住。共働きで管理職の妻は単身赴任中。長男との2人暮らし(取材日/2018年9月10日、撮影/鈴木愛子)

“イクボスの伝道師”でもある川島さんですが、同時に今の若い世代にとっては父親の先輩でもあります。若い世代へのアドバイスはありますか。

川島氏(以下、川島):インタビューの前編「父親たちよ、“第2の母親化”してはいけない」でも言ったように、若い彼らから学ぶことも多い。ただ一つだけ気になるのは、細かいノウハウを気にしすぎている印象があることです。

 今は、子育てに関する情報も共有されやすくなっています。その分、週末に遊びに行く場所一つとっても、選択肢が多くて迷っているという声を時々聞きます。やたらアプリで検索しているとか。

 もっと大ざっぱに構えて、自分の直感を信じていいんじゃないかと思います。経営も、最後は直感です。もちろん、その直感は経験値の積み重ねではあるけれど、自分が「これでいこう」と思えるものに、堂々と子どもを巻き込んでいっていいと思います。迷った時はアプリではなく、子どもに聞けばいいんです。

案外、親が考えているプランとは全く違うものを希望していたりしますよね。

川島:よくあります。忘れもしません。息子がまだ4歳くらいの時、勤続15年の休暇をもらって、親友を訪ねて家族でオーストラリアに旅行したんです。

 シドニー経由でブリスベンに向かって、ゴールドコーストでも遊んで……と、かなり工夫して旅を設計したのだけれど、帰国して息子に「何が一番楽しかった?」と聞いたら「成田エクスプレスに乗ったこと!」だって(笑)。

 「2番目は?」と聞くと「スカイライナー!」、「3番目は?」「オーストラリアの電車!」と電車尽くしでした。「おい! お金も時間もかけたのに。それじゃ鉄道博物館でよかったじゃないか」と突っ込みたくなりました(笑)。

 親が一生懸命やったつもりでも、子どもがどう感じるかは、何でも確認した方がいいなと思いました。