全4295文字

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載20回目に登場するのは、楽天大学学長の仲山進也氏。「楽天大学」を設立し、楽天市場に出店する店舗経営者らから、通称「がくちょ」として慕われる仲山氏だが、プライベートでは中学生の息子が一人いる。肩の力の抜けた仲山氏の子育てスタイルとは。今回はその後編。

楽天大学学長/仲山考材代表取締役 仲山進也(なかやま・しんや)氏
1973年北海道生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、シャープに入社。1999年に、当時は社員20人ほどだった楽天に入社。初代ECコンサルタントとして、楽天市場出店者のECマーケティングをサポートする伴走役となる。2000年、出店者の学び合いの場として「楽天大学」を設立。商売だけでなく、チームビルディング、理念経営などを幅広く支援し、通称「がくちょ」として全国のEC店舗経営者から慕われる。2007年より楽天で唯一の“フェロー風正社員”(兼業自由・勤怠自由)となり、2008年には仲山考材を設立。『組織にいながら、自由に働く。』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。取材時、45歳。神奈川県鎌倉市在住。元同僚で専業主婦の妻、12歳の長男との3人暮らし(取材日/2018年10月12日)

インタビューの前編(子は勝手に育つ、親の仕事は「邪魔しない」)で、子育てにはほとんど手がかからなかったとお話しなさいました。息子さんも、とても大人びていますね。早くから特別なものに触れさせていたのでしょうか。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

仲山氏(以下、仲山):特にしていません。子どもが自分で始めたことを、止めなかっただけです。

 3歳くらいの頃には、映画の『カーズ』にハマって、何度もDVDを観ていました。そのうちリモコンのボタンを覚えて、日本語字幕を流しながら、日本語音声で観るようになったら、文字が読めるようになってました。ひらがなもカタカナも漢字もいっぺんに。

 子どもにとっては全部、文字だから、覚える順番は関係ないんだなと気づいて。あとは自然に英語音声と日本語字幕、日本語音声と英語字幕、英語音声と英語字幕、というようにアレンジしながら観ていました。

 その頃、僕は勤怠自由な働き方になったので、子どもの発達プロセスを間近で観察したいと思って、なるべく家にいられるように仕事をチューニングしていました。自分の仕事のテーマが「人や組織の成長」なので、すごく勉強になりました。

 ちなみに、息子は文字を読むのは早かったんですけど、文字を書くことには興味がなくて、親も一切教えていなかったので、小学校に入った時に「どうしてひらがなも書けないんですか」と先生から怒られました。

どう対処したのですか。