「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載19回目にスペシャル版として登場するのは、私立龍山高等学校理事で弁護士の桜木建二氏。成績底辺校で、経営破綻寸前に陥った私立龍山高校の再建計画として、「5年後までに東大進学者100人」を掲げ、独断で特別進学クラスを創設。奮闘の末、東京大学へ送り出した実績がある。東大合格を目標に多くの高校生を導いてきた桜木氏が考える子育て論とは。今回はその前編。

私立龍山高等学校理事/弁護士、桜木建二(さくらぎ・けんじ)氏
三田紀房氏による大ヒット漫画『ドラゴン桜』シリーズに登場する弁護士。成績底辺校で、経営破綻寸前に陥った私立龍山高校の再建計画として、「5年後までに東大進学者100人」を掲げ、特別進学クラスを創設。個性豊かな教師を招き入れ、落ちこぼれ生徒だった水野直美と矢島勇介を徹底指導し、奮闘の末、東京大学へ送り出す。10年後を描くシリーズ2では、東大進学者0人と停滞した龍山高校に桜木が理事として返り咲き、東大進学コースを独断で創設。スマホSNS、(交流サイト)の活用など、10年前とは全く異なるアプローチの勉強法を伝授している。(取材日/2018年10月26日、(C)三田紀房/コルク)

マンガ「ドラゴン桜」シリーズでは、受験法を伝えるだけではなく、独自の子育て論を発信しています。今日は本連載「僕らの子育て」のスペシャルゲストとして桜木建二さんに、これからの時代の子育てセオリーについて語っていただきます。……と申しながら失礼ですが、桜木さんは独身で、お子さんもいらっしゃいませんよね。

桜木氏(以下、桜木):その通りだ。しかし、まず言っておく。「親しか子どもを育てられない」というのは嘘だ。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

 アメリカの心理学者、ジュディス・リッチ・ハリスが書いた『子育ての大誤解』(早川書房)という本を読んだことはあるか? この本では、「子どもは、誰が育てたって一緒だ」と書いてある。親が手をかけて子どもを育てた場合と、親とは切り離したコミュニティーで協力し合って子どもを育てた場合で、大きな差異は生まれなかった。

 実際、俺は龍山高校で偏差値30台だった落ちこぼれ生徒を指導して、東大に合格させた。それだけではなく、人間としても格段に成長させた。

 俺は親に負けないくらい、いや、親以上に、あいつらを深く理解した自信がある。

確かに、親以外の大人に出会うことで、子どもが大きく成長する事象はよく見られます。

桜木:そもそも、子どもという生き物は、本能的に親を否定するようにプログラミングされている。親はまず、それを分かっておいた方がいい。

 なぜなら、親を否定しなければ、生物として進化しないからだ。親だけの力で子育てするのはナンセンスであり、悪手と言ってもいい。

なるほど。周囲の力も借りながらの子育てがあるべき姿だ、と。ということは、学校に子どもたちを集めて“教えるプロ”である教師が教えるというシステムは理にかなっているということですね。