「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載18回目に登場するのは、HRコンサルタント、複業研究家として活躍する西村創一朗氏。19歳でパパになった西村氏は「家族で夕食を食べたい」とリクルートキャリアを辞めて独立する。現在は、どのような形で子育てと向き合っているのだろうか、話を聞いた。今回はその前編。

HARES代表取締役、HRコンサルタント
西村創一朗(にしむら・そういちろう)氏

1988年東京都生まれ。首都大学東京卒業後、2011年リクルートキャリアに入社。営業、事業開発を担当し、社内MVPを多数受賞。本業のかたわら、複業支援のための事業をスタートし、2015年HARESを設立。「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」をビジョンに掲げ、個人・企業・政府向けのコンサルティングを行う。プライベートでは19歳で父親となり、在学中の2009年よりNPO法人ファザーリングジャパン最年少理事を務める。2017年9月より経済産業省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」委員。年内に初の著書『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売予定。取材時、30歳。都内在住。同い年でHARES役員の妻、10歳(小4)の長男、6歳(小1)の次男、2歳の長女との5人暮らし(取材日/2018年9月14日、インタビュー写真/鈴木愛子)

西村さんといえば、リクルートキャリアを経て2017年に独立し、現在は採用コンサルタントとして多方面でご活躍されています。そのかたわら、「複業研究家」としても積極的に活動なさっています。学生時代にパパとなり、30歳にして3児の父ですが、多忙な中で子育てにコミットする時間は、どのように確保されているのでしょうか。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

西村氏(以下、西村):父親として子どもたちと接する時間は、僕にとって最も重要で絶対におそろかにしたくないものです。そのため、1日の時間の使い方を意識的にマネジメントしています。

 典型的なスケジュールをお話しすると、 朝5時に起きて、朝食前にメールチェックや原稿書きなどをいくつかこなします。5時半か6時頃になると子どもたちが起きてくるので、朝の支度をしたり、朝食を一緒にとったり。ここ数カ月は次男のサッカー熱が高まっているので、30分から1時間ほど朝練に付き合い、学校に送り出してから、仕事に取りかかります。

今日お邪魔しているこの場所は、西村さんのビジネス拠点だそうですね。

西村:自宅の最寄り駅は多摩センター駅ですが、今年の夏にコワーキングオフィスの「WeWork」と契約してから都心に仕事場が複数できました。

 朝練のない日は、朝6時台の始発急行電車に乗って、空いた電車の中でビジネスチャットのやりとりをしたり、読書でインプットをするのがほぼ毎日のルーティンです。

 日中は打ち合わせや取材対応が続きますが、仕事は早めに切り上げて16時台の電車に乗って帰宅します。帰宅ラッシュを避けられるのでムダな体力消耗を防げますし、17時台に家に到着できるので家族で食卓を囲めます。

毎日家族で夕食を? ご活躍の印象からにわかに信じられませんね。