ご自身の事業が、お子さんたちの未来をつくっているという実感はありますか。

沢木:すごくありますね。彼女たちが大人になる頃には、労働人口の減少はますます深刻化しているはずですし、様々な事情を抱えた人たちが、いかに仕事で自己実現していけるかの課題解決は今から本気で取り組まないと間に合わない。

 やりがいや夢とは全く違う事情で仕事を辞める人が一人でも減る社会づくりに貢献していきたいですし、今の僕の仕事が、子どもたちの将来にもつながるというイメージは明確に持っています。

男性が子育てにもっと関わる世の中にするために、必要な条件は何だと思いますか。

沢木:経営者のマインドが変わるしかないと思います。制度やツールがいくら進化したとしても、その組織のカルチャーが変わらなければ、効果はありません。トップが自分の言葉で本気のメッセージングをしながら、「うちはこういう働き方を推進する」と文化をつくっていく姿勢を見せることが必須ではないでしょうか。

最後に、沢木さんにとって「子育て」とは。

沢木:子育てとは経営そのものであり、言い換えれば「社会づくり」ですね。家庭の中の社会づくりでもあり、家庭外との社会づくりもある。

 子育ての経験が仕事に生きて、社会にインパクトを与える商品やサービスを生むこともある。すべてつながっていると感じていますし、プラスの循環を生む仕事と子育てを実現できるよう、僕も胆力を持って打ち込んでいきたいと思います。

■あなたにとって子育てとは?

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

 本連載「僕らの子育て」が1冊の本になりました。新しい時代を担う若手経営者たちや、様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。また子育てと仕事(組織運営や人材育成)との関係は――。

 『子育て経営学』は、絶賛、発売中です。

 注目の経営者たち10人へのインタビューを通して、驚きの実態が見えてきた!

 ◇学校はあえて「公立」。 多様性ある環境で、リーダーシップを学ばせる

 ◇スマホは3歳から。 失敗も含めて、早くから体験したほうがいい

 ◇経済の仕組みは「メルカリ」を通してレクチャー

 ◇単身赴任でも、LINEを使って毎日コミュニケーション

 ◇スポーツはサッカーとゴルフ。サッカーで友達を増やして、ゴルフで忍耐力を養う

 ◇「オールA」より、B・C混じりの成績をほめる。 あえて不得意なことに挑戦!

 ◇「将来有望」なスキルを身につけるより、「大好きなこと」を見つけさせる

 ◇一緒にいられる時間が短くても、「濃く」「深く」愛していく

 誰にだって、今日からすぐに実践できる!  「自分の頭で考えて動く」賢い子供の導き方が満載。