「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載16回目に登場するのは、クラウド会計ソフト「freee」をリリースし、現在では導入事業所数が100万以上、3600超の金融機関・業務アプリケーションと連携するfreeeの佐々木大輔社長。夫婦とも多忙な毎日の中で、どのようにわが子を育てているのか、話を聞いた。今回はその後編。

freee株式会社代表取締役CEO(最高経営責任者)佐々木大輔(ささき・だいすけ)氏
1980年東京都生まれ。一橋大学商学部在学中に、スウェーデン・ストックホルム経済大学への留学と、インタースコープ(現マクロミル)でのインターンシップを経験。卒業後、博報堂に入社し、マーケティングプランナーとして戦略立案を担う。CLSAキャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、ALBERT執行役員CFOに就任。2008年よりGoogleに参画し、日本におけるマーケティング、日本およびアジア・パシフィック地域における中小企業向けマーケティング統括を担当する。12年7月、 freee株式会社を創業し、クラウド会計ソフト「freee」をリリース。現在、導入事業所数は100万以上、3600超の金融機関・業務アプリケーションと連携する。著書に『「3か月」の使い方で人生は変わる』(日本実業出版社)。取材時、37歳。都内在住。妻、2歳の長女との3人暮らし(取材日/2018年8月13日、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

インタビューの前編(「freee佐々木社長が目指す『自由すぎる子育て』」)で佐々木さんは、日本が「子ども歓迎ムード」に乏しい日本はこの先、世界から取り残されてしまうのではないか、とおっしゃいました。佐々木さんのような、これから世の中をつくっていく経営者たちが子育てに関する社会課題に気づいていくと、キッズフレンドリーな日本に変わっていけそうですね。ほかにも日頃、特に気になることはありますか。

佐々木:一番気になるのは、なんでも子育てを母親に縛り付ける価値観ですね。

 まずはNHKの「おかあさんといっしょ」という番組タイトルを観るたびにモヤモヤします。BSで「おとうさんといっしょ」という番組も数年前に始まったらしいですが、そういう問題じゃないと思うんです。

 親じゃなくたって、いいじゃないですか。

 番組を一緒に観るのはシッターさんでもいいし、知っている大人でもいいし、なんなら子どもが一人で観たっていいじゃん、と。子育てのスタイルを勝手に狭めている呪縛は、日常の至るところにある気がします。

 先日、子どもを小児科に連れて行った時に気になったのは、医療系の学会のポスターの文言です。

 「お母さんにしか気づけない、こんなサインに注意して!」とか書いてあって、「そんなわけないじゃん。父親でもシッターさんでも気づけるでしょうが」と突っ込みたくなりました。

 母親に不必要なプレッシャーを与えようとする圧力はよくないですよね。

 またこの間、フランス人の友人が東京に来た時に聞いたのは、あちらではご近所同士(知らない人でもOK)でシッターさんをシェアしたりするのも普通で、社会全体で子育てコストを下げようという意識が高いのだと。日本でも「みんなで育てよう」という雰囲気がもっとつくれたらいいなと思いますね。

佐々木さんは育休も取られたのだとか。いつ、どのくらいの休みを取ったのですか。また、なぜ育休を取ろうと思ったのですか。