子どもと一緒に育っていく

お子さんたちの前では、どんなパパですか。

小林:いやー、よく叱られていますね。「パパ、それやっちゃダメだよ」と。今朝も、キッチンにたまたまモチ米を発見したので、炊飯器で炊いて家を出てきたら、次女からさっきメールが入っていて「なんでモチ米なんか炊いたの」と怒られました(笑)。「ごめん、モチ米炊いて」と返しました。

 英単語を覚えるのが苦手な長女には、「単語は一つひとつ、しっかり発音して書き続ければ必ず記憶できるんだ。パパのイベントだって、一つひとつの積み上げなんだぞ。その気になればなんでもできるんだ」と伝えるのですが、つまらなそうな顔で無視されたりしています。結構、いいこと言っているつもりなんですが……。

 長女はもう中2なので、基本的におねだりしかしてこないので、ちょっと寂しいですね。音楽CD買ってとか。

 まぁ、僕が一生懸命プランを立てている旅は、いつも楽しみにしてくれているようですが。

娘の弁当を小林氏がつくることもあるという

最後に、小林さんにとって「子育て」とは。

小林:最近は、育てるという考え方を放棄していまして、「一緒に育つ」という感覚でやっています。

 娘たちがあとどれくらい一緒に遊んでくれるか分かりませんが、いろいろな経験をともにする時間が、僕にとっても気づきや学びの時間になっています。

 ただ一緒に登校する、習い事についていくといった、何も生み出さないような時間であっても、一緒に居られる時間を大切にしていきたいと思います。

■あなたにとって子育てとは?

 本連載「僕らの子育て」が1冊の本になりました。新しい時代を担う若手経営者たちや、様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。また子育てと仕事(組織運営や人材育成)との関係は――。

 『子育て経営学』は、絶賛、発売中です。

 また本書の著者・宮本恵理子氏が、『子育て経営学』出版記念イベントを開催いたします。

子育て経営学』1章に登場する早稲田大学ビジネススクール入山章栄准教授を招いたトークイベント。
日時:2018年8月28日(火)19:00~20:30(18:45開場)
場所:二子玉川 蔦屋家電 BOOK 2階 ダイニング
定員:50人
詳細はこちらからご覧ください。
『子育て経営学』発売記念トークイベントのご案内