40ページにわたる旅行の「計画書」

なるほど。しかし2人とも受験を成功させるというのは大変ではなかったですか。

小林:それは大変でしたよ。というか、受験勉強に関しては、僕はほとんど貢献できていなくて、妻が根気よく頑張ってくれました。

 やはり本人がやる気にならないといけないので、関心を途切らせないように、勉強する習慣が続くよう、個別指導の塾にも通わせていました。

 僕はつい、子どもと一緒に映像配信サービス「Netflix」で『進撃の巨人』とかを観てしまって、妻によく怒られていました。

 基本的には、僕は必要なお金を出して、受験を乗り越えた後の“ご褒美”を綿密に準備する係でした。受験後に限らず、家族旅行の計画は全部、僕が立てています。今年の夏休みは、明日から11泊でパリに行く予定です。

旅行は毎年春・夏・冬に

どんな旅を計画したんですか。

小林:計画書、ご覧になりますか?

小林:これ、40ページに渡って準備した、家族旅行のマニュアルなんですが、事業で書くイベントの計画書とほぼ同じフォーマットになっています(笑)。

 大体土日を丸々使ってつくっています。日にちと時刻、行きたい場所とそこでやりたいことや食べたいメニューのイメージ画像も入れつつ、そこに行くまでの交通手段まで細かくGoogleマップで調べて、ガイドブックには載っていない店まで見つけるんです。

 せっかく行ったのに、「もう閉店していた」とかだと嫌じゃないですか。次女が絵を習っているので、有名な絵の具屋さんや、モネの美術館に行くのがメインイベントです。

この夏はパリで娘とモネの作品を鑑賞した
この夏はパリで娘とモネの作品を鑑賞した

小林:あとは僕が建築を見るのが好きなので、ル・コルビュジエのサヴォワ邸にも行く予定です。去年はレゴブロックで作れるサヴォワ邸のオモチャを一緒に作ったので、「本物を観に行こう」と。

 旅行は、僕の子育てにおいて重要な要素で、春・夏・冬と、子どもたちの学校が休みになる時期には必ず旅に行っています。スイスでトレッキングをしたり、ニセコでスキーをしたり、アウトドアも家族そろって好きですが、今回の旅のように、「本物に触れる旅」もできるだけ娘たちに経験させたいと思っています。

 ちなみに、旅の間はたくさん写真や動画を撮っていて、帰って来てから娘と一緒に編集します。それもまた楽しい時間になっています。(後編に続く)

家族でスイスにトレッキングをしに行ったことも
家族でスイスにトレッキングをしに行ったことも

 本連載「僕らの子育て」が1冊の本になりました。新しい時代を担う若手経営者たちや、様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。また子育てと仕事(組織運営や人材育成)との関係は――。

 『子育て経営学』は、絶賛、発売中です。

 また本書の著者・宮本恵理子氏が、『子育て経営学』出版記念イベントを開催いたします。

  • ■『子育て経営学』1章に登場する早稲田大学ビジネススクール入山章栄准教授を招いたトークイベント。
    日時:2018年8月28日(火)19:00~20:30(18:45開場)
    場所:二子玉川 蔦屋家電 BOOK 2階 ダイニング
    定員:50人
    詳細はこちらからご覧ください。
    『子育て経営学』発売記念トークイベントのご案内
  • まずは会員登録(無料)

    有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
    有料会員の一部サービスを利用できます。

    ※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

    ※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

    この記事はシリーズ「僕らの子育て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。