「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載15回目に登場するのは、産業を共に創るトップリーダーが集まるコミュニティ「Industry Co-Creation(ICC)」を展開するICCパートナーズ代表の小林雅氏。年2回行われるイベント「ICCサミット」には200人以上が登壇し、総勢900人以上が参加する。ベンチャー経営者をはじめ、多様な人材との交流の多い小林氏は、わが子をどのように育てているのか、話を聞いた。今回はその前編。

ICCパートナーズ代表取締役CEO(最高経営責任者)
小林雅(こばやし・まさし)氏。

1974年埼玉県生まれ。東京大学卒業後、1998年にアーサー・D・リトル・ジャパンに入社。主に国内大手製造業の新規事業立案を担当した後、2001年エイパックス・グロービス・パートナーズ(当時)に入社。2004年、29歳で同社のパートナーに就任。同年からインターネット業界の経営幹部が集うカンファレンス「NILS」の立ち上げに参画し、以後10年以上に渡って企画・運営に携わる。2007年、ベンチャーキャピタルを共同創業し、累計150億円規模のファンドを育てた後、2016年にICCパートナーズを設立。産業を共に創るトップリーダーが集まるコミュニティ「Industry Co-Creation(ICC)」を展開する。年2回行われるイベント「ICCサミット」には200人以上が登壇し、総勢900人以上が参加する。取材時、44歳。都内在住。1歳下の妻、13歳の長女、9歳の次女との4人暮らし(取材日/2018年8月6日、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

小林さんが4年前に立ち上げたICCでは「共創」をテーマに年2回イベントを開催し、年々参加者が増えているという盛況ぶりです。若手経営者の間でも話題になっているとよく聞きます。

小林氏(以下、小林):創業したのはちょうど40歳の時で、自分自身の働き方を大きく変えるターニングポイントにもなりました。

 20代から外資系経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタルで走り続けて、同じ「キョウソウ」でも、「競争」の方に身を置く生活を送っていました。出世も早かった方ですが、その分、無理も生じていたと思います。

 グロービス・キャピタル・パートナーズのパートナーに就任したのが29歳の時。同じ頃に長女が生まれ、子育てを経験しながら、自分の働き方についても、より持続可能なスタイルにできないかと探るようになりました。

 40歳で会社を辞めての起業は大決断でしたが、思い切ってよかったですね。おかげさまで、順調に事業が伸びて、年2回のイベント企画・運営に集中するだけでも、売上規模は2億4000万円まで成長できています。

 今の働き方も、子育てと非常にうまくフィットしている感覚がありますね。

本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学』

改めて、ご家族構成を教えてください。

小林:1歳下の妻と、中学2年生の長女、小学4年生の次女の4人暮らしです。

 妻は専業主婦ですが、結婚してからお茶の水女子大学の大学院で、教育社会学を学んでいた時期もありました。

 娘たちは2人とも小学校から私立校に通っていて、長女は川崎市にある勉強に力を入れる私立小学校から中学受験し、大学まで一貫教育の中学校に通っています。次女は四ツ谷にあるカトリック系の私立小学校に通っています。