「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載8回目に登場するのは、学生と企業を直接つなぐサービスを提供するアイプラグの中野智哉社長。普段は月の半分を子どもと離れて暮らすが、絶妙な距離感で子どもたちと向き合う姿から、新しい育児のスタイルが浮かび上がる。今回はその後編。

アイプラグ代表取締役社長の中野智哉(なかの・ともや)氏
1978年兵庫県生まれ。2001年、中京大学経営学部経営学科卒業後、インテリジェンス入社。約10年間、求人広告の法人営業を担当し、新卒採用面接や営業研修など、人材採用・教育全般の業務経験を積む。2012年、グロービス経営大学院を修了してMBAを取得。同年、アイプラグを設立。就職のミスマッチ解消を事業理念とし、企業から学生に直接オファーを送れるダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox(オファーボックス)」をリリース。現在、登録学生数は9万3000人、企業数は3700社超。取材時、40歳。兵庫県在住。同社に勤める2歳下の妻、9歳の長女、7歳の長男の4人暮らし(取材日/2018年5月16日、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

中野社長はインタビューの前編(「干渉しすぎない、ベタベタせずに子どもと接する」)で、子育てでは好奇心を大事にするとおっしゃいました。ご自身も、ご両親からそうした教育を受けてきたのでしょうか。

中野社長(以下、中野):そうですね。僕の父も、自分で起業した経営者だったのですが、幼稚園に通っていた頃から「好奇心を持て」と教えられてきた記憶があります。母親からは「ニコニコ笑っていればいいことある。愛嬌がある人間は得をするよ」と教えられました。結果、僕は父と母の考えがミックスされたような人間に育ったと思います。

 基本的に笑っている時間が長いですし、好奇心も強い。ものごとの裏側の構造を考えるのが好きで楽しいし、「今は分からなくても、いつか分かるかも」と思えるとワクワクしてくる。

 おそらく、これから子どもたちが生きていく社会は、人工知能(AI)や自動化の技術がどんどん発達して、「何も考えなくても生きていける」環境に近づくはずです。単純労働が機械化されてヒトの仕事が減って、モノの価格も急速に下がり、「1日3時間働けば十分。生活給は20万円程度のベーシックインカムで賄える」といった時代がきっと訪れる。

 すると、みんな、めっちゃ暇になります。働く時間が激減して、たくさん稼がなくても大抵のモノが買えて、何でも機械がやってくれる。そんな毎日を過ごしながら、人は何を楽しみに生きるのか。人生の楽しみを支えるのが、やはり“好奇心”だと思うんです。

 「これをできるようになれ、あれも身につけなさい」と親が一生懸命教えたところで、世の中はものすごい速さで変化していく。僕らが想像しているような未来にはきっとならないから、何かを教えても、きっと間違ってしまうんじゃないかと思うんです。

 だから、その時々で周りにいる人とたくさん関わり合いながら、自分の頭で考えて行動する面白さを教えるだけで充分。それくらいしか、親ができることはないんじゃないかと思います。