「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載4回目に登場するのは、住宅購入時の情報を一括管理できる個人向けマイホームアプリ「knot(ノット)」と、中小工務店向けの住宅用OS「v-ex(べクス)」を開発し、2018年4月から全国展開するSOUSEI社長の乃村一政氏。8人の子どもを育てる父親でもある。子だくさん社長は普段、どのように育児に当たっているのか。今回はその後編。

乃村一政氏
1976年奈良県生まれ。高校卒業後、吉本興業で芸人活動を経て、2006年、ディアホームに入社。54区画の街づくりの総責任者として実績を挙げ、2010年にSOUSEI設立。注文住宅受注数で地域ナンバーワンのビルダーに成長すると同時に、ITで住宅機能を促進させる技術開発を進める。住宅購入時の情報を一括管理できる個人向けマイホームアプリ「knot(ノット)」と、中小工務店向けの住宅用OS「v-ex(べクス)」を開発し、2018年4月、全国展開を発表。IoT(モノのインターネット)と住宅を結ぶスマートホームの分野で注目される。取材時は41歳。奈良県在住(乃村氏は東京との2拠点生活)。専業主婦の妻、22歳の長女、18歳の長男、16歳の次女、12歳の三女、11歳の次男、8歳の四女、5歳の三男、2歳の四男の10人暮らし(取材日:2018年3月28日、インタビュー撮影:鈴木愛子、ほかも同じ)

乃村さんは8児の父。もう成人しているお子さんもいらっしゃるということですが、子どもたちの思春期とは、どう向き合ってきましたか。

乃村氏(以下、乃村):ありのままですね。長男が小学6年生くらい頃の反抗期は結構激しくて、世の中のすべてに対して文句を言い、僕の顔を見るなり「死ね」。

 だからといって、こちらが接し方を変えるわけでもなく、「どういうスイッチの入り方やねん。うるさいから寝るわ」くらいで受け流していました。家内はあたふたしていましたが、家内のご両親に、「反抗期、どうでしたか」と聞いたら「えらいひどかった」と。「ほらな、心配せんでいい」と子どもたちにも伝えました。

 反抗期の言動というのは、感情のぶつけどころを探しているだけのことなので、親がいろいろ気を回しても仕方がないなと思いますね。どうであっても、一過性のものです。僕に「死ね」と当たり散らしていた長男は、今は僕の大ファンになっていますから。

 一方で、女の子の場合は思春期に「性」に対してデリケートになる時期がありますね。家内が8人目の妊娠を発表した時、中学生だった娘が「いやや。学校でからかわれる」って泣き出して。僕はどう言っていいか分からなかったんですけど、家内は毅然としてカッコよかったですね。「からかうような子がおったら、うちに連れてき! 命が生まれることの素晴らしさを教えたるから!」って。その時、泣いていた娘は今一番、末っ子を可愛がっていますよ。

兄妹も仲が良さそうですね。お子さんたちは、大家族であることを楽しんでいますか。

乃村:すごく幸せに感じてくれているみたいです。逆に居心地が良すぎて、誰も出て行かないのではと心配するくらいです。家の間取りは7LDKなんですが、せっかく個室を用意しているのに、3~4人ずつでかたまって寝ていますし、全員、居間で勉強するから邪魔で仕方がない(笑)。長女は「一人暮らしをするとか考えられない。するとしても、シェアハウスがいい」と言っています。

お子さんたちは、お父さんをどんな存在として理解しているのでしょうか。

乃村:帰ってくると笑わせてばっかりだけど、外では何か自由に楽しくやっているようで、時々メディアにも顔が載ったりして……。きっとすごく不思議な存在として観察しているんだと思います。

 学校の友達にも「うちの一政がさ」とよく話しているみたいで、いきなり息子の友達からツイッターをフォローされたりします(笑)。

 僕としては、何も上から押し付けたくはないけれど、子どもたちがちょっと迷った時に、考え方のガイドラインを示すような存在でありたいなと思っています。