「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。なぜ、育児について語り始めたのか。

 

 連載2回目に登場するのは、IoT専用のSIMカードを手掛けるソラコムの玉川憲社長。2017年には、KDDIが約200億円で同社を買収したと報じられた。注目企業のトップを務める玉川社長は、3児の父として、ユニークな子育て方針を貫いている。玉川社長の育児論を聞いた。今回はその後編。

 
玉川憲
1976年大阪府生まれ。東京大学大学院工学研究科修了後、日本IBMに入社し、基礎研究所で超小型コンピュータの開発に携わる。2006年より米国留学し、MBAとソフトウェアエンジニアリングの2課程を修了。アマゾンデータサービスジャパン(当時)に転職し、技術統括部長兼エバンジェリストとして活躍した後、2014年にIoTプラットフォームを提供するソラコムを創業。2017年8月にKDDIによる大型買収を決めたことは大きな話題となった。取材時は42歳。東京都在住。同い年で専業主婦(出産前まで自宅でパン教室を開催)の妻、小学生の長男、長女、幼稚園の次女の5人暮らし(取材日/2018年3月2日、インタビュー撮影は鈴木愛子、ほかも同じ)

前編「まずは自分の時間を与えて子どもに向き合う」の中で、小学生のご長男が成績も優秀だというお話でした。進学塾には通わせているのでしょうか。

玉川社長(以下、玉川):これも夫婦でさんざん話し合った結果、長男に関しては「塾に行かせない」方針を決めました。

 首都圏の中学受験は過熱する一方で、ちょっと前まで「5年生から行けばいい」と言われていたのに、どんどん低学年化しています。妻は周りの主婦友がみんな子どもを塾に通わせているから焦る気持ちもあったようです。ただ、「でも、そもそもさ」という話をしたんです。

 人間が子どもから大人へ成長する過程で、「どの時期に、どんな身体機能が伸びるのか」という俯瞰した視点を持つことが大事じゃないかと思っているんです。僕なりに情報を集めた結果、小学4~6年生の時期には、運動神経系が一番伸びる時期なのだと知りました。いわゆる“ゴールデンエイジ”という時期とも重なる。

 ならば、毎晩遅くまで蛍光灯の下に閉じ込めて過ごさせるのではなくて、外で思い切り体を動かして遊ばせる時間を取った方がいいと判断したんです。

 それに、長男は自分で勝手に勉強して、ある程度の成績はキープできている。当面は今のままでいいんじゃないかと思ったんです。もちろん、本人が「塾に行きたい」と言いだしたら聞きますし、2番目以降の子どもたちがどうするかは未定です。

 ただ、長男は親父のやっていることを見て興味を持ったのか、プログラミングについては、自分から「習いたい」と言い出したので、専用のパソコンを与えてやらせています。最近、プログラミングの教室に行き始めました。