酔っぱらったふりをして部下の本音を聞き出す

上田:じゃあ、個性を知るために何をするか。職場で事務的にワアワア言っていたって、相手の個性なんて分からないよ。分かったとしても、それまでにかなりの時間がかかってしまう。

 心の底まで通じ合うコミュニケーションをするには、今も昔も“飲みニケーション”だ。

大竹:お酒が嫌い、お酒が飲めない、お酒の場の雰囲気が嫌い……。そんな人もいますよ。

上田:だったら、フラッペでも食べられるしゃれたカフェにでも行けばいい。お酒が飲めなければ、うまいもの、部下が好きなものを一緒に食べに行けばいい。

 部下はお酒を飲まなくても、上司が酔っ払って「ああーっ」とかなっていると、部下も不満を言いやすいでしょう。

大竹:お酒は危なくないですか?酔っぱらって、余計なことまで言ってしまい、逆効果になるリスクもあるでしょう。

上田:そう。だから、本気では酔っぱらわないんだな。そこがポイントだ。完全に酔っぱらっちゃったら、部下がその場で見せてくれた個性だって、よく覚えてない。

大竹:上田さんは、そういう飲みニケーションで自分や周囲にどう見られているかを知って、助けられたというか、我に返ったという経験はありますか。

上田:なんべんもある。あっ、そうかと。彼はそういう価値観、性格の男だったのかとか、だから俺のことをそう見ていたのかとか。

 そういうことを知れば、空気を読めないと思っていた部下も、実は戦力になったりするものだ。

 例えば、空気を読めずに商売を取ってこれないと不満だった部下が、実はその空気を読まないがゆえに、一部の客先では絶大な評価を受けることもある。普通の客には嫌がられるけど、逆に一般的には気難しいと思われている客を担当させたら、なぜか気が合ってでかい商売を取ってきたとか。

大竹:そのためには、まずは部下の個性を深いところまで知らなきゃダメだということですね。

上田:そう。それが、部下の能力を見抜くということだよね。だから、とにかく会社で仕事の上下関係だけの会話なんかやっていても、人間の本質なんて分からないよ。だからこそ、会社の外に連れ出すんだ。

大竹:お酒が飲めなくても・・・・・・。

上田:一緒にフラッペを食べればいい。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。