本気で動きたいのならば「提案書」を書いてみろ

大竹:むしろ、そうした現場訪問が、社内転職活動のようなものにつながるかもしれない。

上田:そうです。一つの部署にくすぶっていてはダメです。ほかの部署にも顔を知られ、信頼感を獲得していかないと。

 少なくとも、これだけの大企業で、製造業で環境対策企画という部署をつくっているくらいなんだから、会社の意識が低いということはまずないはず。たまたま上司の発言がそういうふうに聞こえたのかもしれないけど、それは少なくとも、その対策のコストがあまりに高すぎるということだったのかもしれないし、もしそうなら、別の提案をしてみましょう。

 それで、現場にも行ってみなさい。10年間、同じ部署にいるということは、それだけ会社があなたの知識やキャリアを評価していて、その部署に置いておきたいということもあるのでしょう。だけど、あなたは現場に行きたい。だったら、今の部署にいながら、現場に行けばいいんですよ。

大竹:相談者が言うように、人材を囲い込むというような発想は、どの組織でもよく聞きます。ただ、行き過ぎると、弊害になるのではないですか。

上田:やり過ぎはよくない。縦割り組織の弊害というのは大きい。

 だから、彼も本気で人材ローテーションが必要だと思うなら、上司だけじゃなくて、人事部にも、やっぱり部門ローテーションというのが必要じゃないかというようなことを、1つの提案として出してみてもいいんじゃないか。批判じゃなくて、前向きな人事政策の一環として、人材育成の観点からね。

大竹:大組織の中で、人事以外の部署からの提案を、人事が聞き入れますか。上司からも嫌がられませんか。勝手に人事にたれ込んだのか、といった具合に。

上田:だいたい、どの会社だって新しい提案は若い人がするものだよ。部門を超える提案だって、上司に言っておけばいいんですよ、「私、提案書を出したいです」と。

大竹:人事に関する悩みの相談は多いですよね。人事は会社が決めることだから、なかなか自分の思い通りにならないことに対して、悶々とした気持ちになることが非常に多いです。

上田:でも、悶々とじっとしていたって、前向きな気持ちには絶対になれないよ。だから、提案して、まず1つの壁を破ることも必要だと思うんだな。自分で自分を押さえ込んでおるより、ずっとマシだ。

大竹:人事は自分で決められるものではなく、上田さんがいつも言うように、与えられた場所で頑張っていれば、そこで認められて、新しいチャンスが巡ってくるという意見がある一方で、今の時代はキャリアというのは自分で主体的に選んでいかなければだめだ、という意見もあります。

上田:この前の「成長したければ自分から『異動希望』は出すな」の相談は、まだ異動して3年という話だったでしょう。しかも、周囲にものすごく頼りにされて、かわいがられている。そういう状況なら、まだ異動届なんか出す必要はない。だけど、今回の相談のように、10年も同じ部署にいて、しかも今の仕事をより良くするために現場に行きたいという思いも強いのなら、それをどうやって実現するか、知恵を巡らせるのも1つの方法だと思うわけだ。

 本気で現場に行きたいのなら、本気の提案書を会社に出してみる。ただし、上司には事前に言っておく。「私はこういうものを人事部に人事政策として出したい。その理由、背景はこうこうこうです。これは会社経営にとって非常に重要なことだと思う」とね。上司には言っておかないと、俺が知らんうちに、なんで勝手にそんなものを出したか、という話に必ずなるから。やっぱり、どうしてもサラリーマン社会というのは、手順を踏まないと物事はスムーズに進まない。

大竹:同じ部署に10年、30代前半ということは、きっと、仕事にもマンネリ感が漂ってきているのかもしれませんね。その一方で、自分が担当している仕事に足りないのは、現場を知ることだという、前向きでプロフェッショナルな意識も芽生えているようです。

上田:現場を知るべきという意見は、僕はその通りだと思う。それは、すべての仕事にとって、当てはまる。机だけに向かっていたって、いい仕事はできない。だから、現場に行きたい、というもやもやした思いを、熱い前向きな情熱に育てるんです。その思いを、まずは提案書にぶつけてみなさい。きっと、何かが変わるはずだよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。