好きなことは体が勝手に眠るまで存分にやれ

大竹:むしろ、そんなことを心配せずに、好きなことはもう、体が勝手に眠るぐらいまで、もう徹底的にやった方がいいということですか。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田:そうですね。ノーベル賞を取るような学者の方々だって、みんな寝る時間も惜しんで研究に没頭していますよね。その方がかえって心身のバランスが取れるというような時期もあるということです。

大竹:会場にも若い方は多いと思うんですけど、もう仕事が楽しくてしょうがないという方、いらっしゃいますか。

 あら、あんまり手は挙がらないですね(笑)。

上田:楽しくないのはよくないのよ、もっと楽しみましょう。

大竹:とはいえですよ。最近は「働き方改革」が叫ばれているんです。むしろ会社は「働くな」と言っているような側面もあって、「もっと働きたい」「バリバリ働いて仕事のスキルを早く身に着けたい」という若い社員には不満がたまっているという話も取材先では耳にします。

 「もっと働きたい」という思いと、「働きすぎると心身を壊してしまうのでは」という不安と、そのバランスをどう保ったらいいのですか。この相談者も、そこを気にしているのだと思います。

上田:会社としてはね、過度な残業で、心身ともに疲れ切ってしまうということは、もう、絶対にやってほしくないと考えているよ。今や、そういう世の中になっています。

 働き方については、ルールはきちっと守る必要があります。規定を超えた残業を会社はさせてはいけません。

 だけど、仕事が好きという気持ちは、止められないよね。であれば、会社の外でも仕事に関連することはいくらでもできるわけですよね。もしくは、その会社での働き方が不満であれば、もっと存分に働ける環境を探してもいいかもしれない。