ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は地方の小さな事務所で働く団体職員から。不本意な理由で降格され、なにか「ぎゃふん」と言わせたいと悩んでいます。そんな男性に上田さんは「そんなことをしても痛快なのは一瞬だけだ」と諭します。

悩み:雇っていた非常勤の社員を法律に従って辞めさせたら、理事長から報復人事にあいました。ルールを守った私は浅はかなのでしょうか。なにか「ぎゃふん」と言わせるために反撃したいです。

 地方の団体職です。職場も10名の小さな事務所です。先日まで責任者を仰せつかっておりましたが、謀反(解任、降格?)にあいました。

 今までダラダラと非常勤等を使っているやり方を一新して期限を決めて行こう。(法律どおりに!)として3月に期限だからと、やめさせたら報復人事にあいました(笑)。 どこかの大学の様に理事長さんが人事権を握っているので降格されました。

 別に、後悔も不満もありませんが、昔からの考え方の”老害”に納得いかなくて。もちろん、人材が一番大切であることはわかりますが、期限があることを守った自分が浅はかなのか、ダラダラと雇用して飼い殺しにする方がいけないと思いますが?

 古参の理事長さん達に”ぎゃふん”と言わせたい。まっ、一部からは自分のコミュニケーション不足とも言われますが、説明しても理解してなかったみたいです。開き直って、歳も歳なのでしがみついてでも(笑)、定年まで居るつもりですが、また、報復が無いかと心配でもあります。

(52歳 男性 団体職員)

大竹 剛(日経ビジネス 編集):上田さん、先週の火曜(10月23日)はありがとうございました。この連載始まって以来、初めての対話イベントでしたが、大盛況でしたね。書籍『「相談役」の相談室』の発売に合わせて紀伊國屋大手町ビル店内のカフェ「紀伊茶屋」で開催したわけですが、定員25人のところ満席でした。大学1年生の女性から男性起業家まで、さまざまな参加者から直接のお悩み相談もありました。

上田 準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):いやぁ、最初はどうなることかと僕も緊張したけど、皆さん楽しんでくれたのかな。

大盛況だった上田さんの「リアル相談室」。左は日経ビジネス編集の大竹(写真:的野弘路)
本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

大竹:もちろんです。当日、上田さんに聞いてみたいことを事前に受け付けた日経ビジネスRaiseを見てください。参加してくださったファンの皆さんから、続々と感想が寄せられています。

「悩みをあるがままに受け止め長期的に考えることで、前向きに生きていけばいいじゃないかというメッセージをいただき、まさに目からウロコでした」(Naho Takahara 大学1年生)

「これから上田さんの元気のレシピを拝読する際には上田さんをもっと身近に感じることができそうでとても楽しみです」(栃木ひかる)

「日ごろ、つい斜に構える癖がついてしまいますが、上田さんの、どんな悩みも真正面から受け止める姿勢と懐の深さに温かい気持ちになりました」(鈴木瞳 マカイラ株式会社)

「上田さんのお話を聞くうちに、直接的ではないにせよ、『余計な心配をするな。好きなことを存分にやってみなさい。』というメッセージをいただけたような気がして、モヤモヤが晴れました」(鈴木一真 慶應義塾大学商学部3年)

 などなど、どれも上田さんへの感謝の言葉にあふれています。当日は、以前このコラムに悩みを寄せてくれた女性も上田さんを一目見たいと、来てくださいました。

                  

上田:ありがたいねぇ。僕はね、この相談室を僕なりの社会貢献活動だと位置づけているんです。僕のこれまでの人生経験が少しでも皆さんの悩みを解決するために役に立つのなら、うれしいね。とにかく、「元気、勇気、夢」を忘れないでほしい。

大竹:上田さん、これからも引き続きよろしくお願いしますね。

 当日の「リアル相談室」の模様は追って、来週以降、順次、ご紹介していきます。それでは今日も、いつものように始めましょう。

 今日の相談は、人事で受けた仕打ちに対する反撃を画策している方からです。何やら、穏やかではありません。