ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は父親の会社に中途入社した40歳女性から。“昭和スタイル”で仕事をする70歳でパートの女性から小娘扱いされると悩んでいます。上田さんは「すべての仕事を完璧にこなす気概を持て」と助言します。

悩み:父が経営する小さな会社に3年前に中途入社しましたが、20年以上、経理を担当してきた70歳のパートの女性に小娘扱いされ、仕事のやり方も昭和スタイルで危機感を覚えます。この女性が退職するまで状況を変えられないのでしょうか。

父が経営する小さな会社に3年前に中途入社しました。以前は医療関係に勤めており、総務の仕事は初めてでした。他の事務員は20年以上働いてくれている70歳のパート経理のおばちゃん1人ですが、その人から全く信頼されず小娘扱いされています。

その人から仕事を教えてもらったのですが、昭和スタイルの仕事の仕方で、このままでは会社がダメになると危機感を感じています。その人がいることで仕事のやり方を変えることもできず、モヤモヤした気持ちを抱えています。退職するまで待つしかないのでしょうか。

(40歳 女性 会社員)

大竹 剛(日経ビジネス 編集):親族経営の中小企業に入社したという方からです。前々回のお悩み相談(親族経営に「大企業病」を持ち込むな)も、親族経営に関するものでした。今回は総務にお勤めということですが、同じ部署で働くのは20年以上働いてくれている70歳のパート経理のおばちゃん1人で、その人からまったく信頼されていないようです。

上田 準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):まず、この70歳のパートの経理のおばちゃんがやっている仕事を、一日も早くあなたがすべてやれるように努力しないといけないよ。信用される、されないじゃなくて、まずあなた自身がこのおばちゃんがやっている仕事を全部引き継ぐという気概でやらないと。

 この方だって年齢的にこの先、そんなに長く働き続けるわけではないでしょう。あなたがすべての仕事をできるということになれば、父親もこのパートのおばちゃんに、「これまでいろいろお世話になってありがとう」とお礼を言って、いつでもあなたと交代できるように準備を始めると思うよ。そうなるよう、一日も早く仕事をすべて完璧にこなせるようになってください。

 ただ、信用されてない、と感じるということは、この方はあなたに仕事を教えたくないのかもしれないね。だから、経理の実務は自分で学ばなきゃ。そうすると、このモヤモヤした気持ちも薄らぐから。自分がそういう意志を持っていれば、彼女からどんなに嫌味を言われようが気にならない。「私が全部やったるぞ」と。そういう状況を、僕は何回も経験しているよ。

大竹:何回も(笑)?

本連載で反響の大きかった35の相談が1冊の本になりました!

■お知らせ
上田準二さん“リアル相談室”を開催します

上田さんを招いた“リアル相談室”を開催します。仕事から家庭、恋愛、趣味……。多彩な引き出しを持つ上田さんのお悩み相談コーナーをライブで再現。上田さんに悩みを打ち明け、「元気、勇気、夢」をもらいましょう!

<日時>
10月23日(火) 18:30〜20:00

<場所>
紀伊國屋書店大手町ビル店内 紀伊茶屋特設コーナー
(〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル 1F)

<参加方法>
紀伊國屋大手町ビル店カウンターで、参加整理券(1712円=税込、書籍+お茶代含む)をご購入ください

<ご予約・お問い合わせ>
電話03-3201-5084(紀伊國屋書店大手町ビル店 10:00~20:00)

>>詳細を確認する