上田:「『前例がない』『失敗するかもしれない』『面倒』などという理由で何度も取りやめになりました。おかげで私は、入社してから1度も失敗していませんが、1度も挑戦していません」

 うまいこと言うねぇ。あなたみたいにユーモアに富んでいる人は、もう心配ないよ(笑)。

大竹:機転が利きそうな方ですよね。文章がうまいし、面白い。

 とはいえ、「もう心配ない」だけだとあんまりなので、上田さん、最強のお局に対処するなにかいい手はありませんか。

男女問わず、「お局的」な人は大組織には必ずいる

上田:そうだよね。まず、その前に前提として、「失敗を恐れるな」なんて会社はよく言いますけど、会社にしてみれば失敗してもらっちゃ困るというのが本音だよね。あなたは、「いっぱい失敗して」って言うけれど、会社は「もうお願いだからそんなにいっぱい失敗しないで」というのが本音かもしれない。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

 でも、本当にあなたはユーモアがあるよね。「挑戦しないから失敗もしない」なんて、名言だと思うよ。これだけのユーモアを言えるその太っ腹があれば、もう十分、この会社でうまく立ち回っていけると思う。

 まあ、それはさておき、話を戻すと、大企業になるほどお局的な人間はいっぱいいるものだよ。それは「女性だけ」ではなく、男性でもね。役員とか偉い人の傘の下で、上にはへつらい、下には強く当たったり、自分の好き嫌いで偉い人にいろいろ恣意的な情報を流したりするような人間が。

 でもね、組織からそういう人間はいなくならないから、そういうものだと、もう笑って見てあげてください(笑)。

大竹:好き嫌いで……。確かに。

上田:大竹さんも思い当たる節があるね(笑)。従って、逆にこのお局は今、若いあなたに「前例がない」「失敗するかもしれない」「面倒」と言っているのは、むしろ、そういう組織の中であなたをかばってくれているのかもしれない。

大竹:どういうことですか?

上田:僕にはこういう経験があるんだ。

 かつて、僕もいわゆるお局に、痛い目にあったことがあるんですよ。「上田さん、あんたね、上司に言われたことを全然やっていないでしょう」とか「上司の言ったことを、あんたは裏ではせせら笑っているんでしょう」とかね。

 前にも話したことがあると思うけど、僕は、上司に言われたことをそのままやるというより、目指す方向性には従いつつ、それを実現する手段は自分で考えて、前例にはあまり従わず勝手に動くタイプだったから、そのような状況はお局にとっては目障りだったんでしょう。

 このお局は、僕にはあなたが言うように「前例がない」とか「失敗するかもしれない」とか、そういうアドバイスは一切、してくれなかったよ。だけど逆に、僕がやっていることがうまくいっていないと、上司に告げ口するんですよ。「上田は全然違ったことをやって成果が上がっていない」とか言ってね。それで上司から僕に、「お前、全然違うことをやっているらしいじゃないか、どういうことだ」とお咎めがあるわけ。誰から聞いたんだ、と思いましたよ。