ユニー・ファミリーマートHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、派遣社員として働く26歳の女性からの相談です。同じ職場で働く3歳年上の男性社員に恋をしているけれど、上手く誘い出せません。そんな彼女に上田さんは、自らの経験を踏まえ「恐れは無用だ。キュンキュンしているだけではつまらない」とアドバイスします。

悩み: 「職場に、好きな男性がいます。特にイケメンというわけではありませんが、仕事ができ、上司からも信頼されています。そんな彼に、職場で話しかけられるだけで、キュンとしてしまいます。彼は、私にはあまり興味がなさそうですが、なんとか振り向かせたいです。上田さんの奥様が、上田さんを射止めたように。どうしたら、彼は振り向いてくれるでしょうか」

はじめまして。いつも上田さんのお悩み相談を楽しみにしています。今回は、私の悩みを聞いていただきたく、勇気を振り絞って相談をします。

私は、ある大手企業の営業部門で、派遣社員として事務系の仕事をしています。半年ほど前からこの仕事をしているのですが、同じ職場で働く私より3つほど年上の男性を好きになりました。特にイケメンというわけではありませんが、身長はおそらく170mほどで、きっと昔、スポーツをやっていたのか、しっかりとした体格で、私のタイプです。

仕事もできて、上司からも信頼されているようで、いつも明るく仕事に打ち込んでいる彼が職場にいると、つい、気になって目で追ってしまいます。そんな彼に、業務上、時々話しかけられるのですが、それだけでキュンとしてしまいます。

2人でプライベートな話をしたことはなく、これまでの数回、職場の飲み会で一緒になった程度です。彼は私のことなど興味を持っていないのかもしれませんが、なんとか、彼を振り向かせたいという気持ちが、日々、強くなっています。

以前の相談で上田さんは、奥様に待ち伏せされて誘われたことが、結婚のきっかけだったと話していたかと思います。私も、上田さんの奥様のようになれるでしょうか。

(26歳 女性 契約・派遣社員)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス 編集):今回の相談は、26歳女性の派遣社員の方から。同じ職場にいる男性に恋をしているようです。特にイケメンではないけれど、仕事ができる先輩で、話し掛けられただけで「キュン」としちゃうと。彼はあまり彼女には興味がなさそうなのですが、何とか振り向かせたいと悩んでいます。

 この相談、むしろ上田さんを射止めた上田さんの奥さんにお聞きするほうがいいかもしれませんね。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役): これは前回の相談みたいな不倫じゃないですよね(笑)。

大竹:不倫じゃないと思いますよ。(関連記事:社長とパワハラ上司の不倫を目撃。どうすべき?週刊誌に出る前にホットラインに今すぐ報告を

上田:今の世情なんかを見ていると、僕らが20代のころと違って、女性の方がアグレッシブだよね。要するに、恋だとか愛だとかに、男よりアグレッシブだ。行動も肉食系というのかな、男の方がどちらかというと押され気味という話もよく聞く。一時期、草食系という言葉がはやったけど、僕からすれば、こういう女性の悩みはむしろ懐かしく聞こえるよね。

大竹:古風な感じ、というのでしょうか。

上田:古い男としては、ちょっとうれしい(笑)。