ユニー・ファミリーマートHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、妻との関係に悩む46歳男性からの相談。仕事が忙しく家事を手伝えず、妻から怒鳴られてばかり。週末も心が休まらないと嘆いています。そんな相談者に上田さんが伝授する、夫婦円満のコミュニケーション術とは?

悩み:「妻は、なぜいつも不機嫌なのか、その理由が分かりません」

 私の妻は、いつも不機嫌です。疲れて帰ってきて、靴下を脱いで、リラックスしてソファでビールを飲んでいると、「何でこんなところに靴下を脱ぎっぱなしにするのか」と般若のような顔をして責められます。金曜日に飲んで帰ると、土曜日の朝は二日酔いだということもありますよね。つい寝坊をしてしまうと、「土曜日くらい子供の世話や家事をやりなさいよ」と怒られます。

 ちなみに、妻もフルタイムで働いていますが、どうしても私の方が仕事で帰りが遅くなりがちです。平日に家事を手伝いたいという思いはあっても、あまりできないという現実もあります。

 平日は会社で身を粉にして働き、休日は妻に怒鳴られてばかり。そんなに、私は悪い夫でしょうか。

(46歳 男性 会社員)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス 編集):今回の相談は、多くの男性にとって思い当たるフシがあるのではないでしょうか。上田さんのように強い夫なら、「お前はだまっていろ」なんて奥さんにバシっと言えるかもしれませんが、最近は共働き夫婦が多く、家事も育児も対等に分担という家庭も増えていて、夫の立場は一昔前ほど強くありません。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):誤解しないでいただきたい。女房にはこれまで、さんざん暴言を吐いてきたが、それは愛があってのことだから。そもそも、僕と女房には、しっかり夫婦のコミュニケーションというものがある。今回の相談も、問題を解決するにはまず、もう少し夫婦のコミュニケーションをしっかりとすべきではないかな。世間話や楽しい会話をするように、努めて時間を取るようにした方がいい。

大竹:この方はまず、夫婦のコミュニケーションに問題があるのではないかと。

上田:奥さんがフルタイムで働いている、そして、あなたは帰りが遅い。そうだとしても、最低でも1週間に1時間や2時間は、夫婦の時間を取れるでしょう。それくらいの僅かな時間でも、しっかりとコミュニケーションをとれば、夫婦の関係はうまくいく。

 それに、靴下を脱いでソファに座っていると、奥さんが般若のような顔をして怒鳴りつけてくると。そんなことで、楽しい会話ができない、理解されていないなんて思ってはダメだね。これだって、立派な会話の一つのきっかけになるんだよ。奥さんが怒っている時だって、そこから楽しい会話に展開していくように、努力するんですよ。奥さんと楽しい会話ができるかどうかは、あなた次第と考えることです。

 もし、女房が般若のような顔をして怒鳴ってきたら、僕だったらこういうふうに言うね。

 「お前のその般若みたいな怒り顔、美しいな。俺はそんな顔にそそられるよ」と。

大竹:そんなことを言ったら、それこそ火に油を注ぐようなものですよ。「バカにするんじゃないわよ」「ふざけないでよ」と。

上田:相手が「ぎゃあっ」と怒っていたら、逆にそれをポジティブに褒めてあげるぐらいの返答を返すことを常に心掛ける。それぐらいの度量を持たなきゃ。