ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は26歳の女性、Webサイトのデザイナーから。任される仕事は保守・管理ばかりと悩んでいます。そんな彼女に上田さんは、営業の世界を事例に、裏方の仕事の大切さを説きます。

悩み:システム関連でデザイナーの仕事をしていますが、任される仕事はWebサイトやSNSの保守・管理ばかり。デザインに力を入れる話を聞き入社したのに、納得がいきません。転職したほうがいいでしょうか。

 SIer(システムインテグレーター)の会社でデザイナーをしています。実際はデザインの仕事自体は多くなく、開発者の作ったページを綺麗に見せることですとか、弊社Webサイトの管理・保守、SNS(交流サイト)の更新が主な仕事になっています。WebサイトとSNSの更新は元々営業や人事がやるはずだったのですが、営業や人事はおじさんばかりで、私に丸投げされている状態です。

 おじさんたちが自分で更新しないからなのか、期限ぎりぎりに更新の話をされることも少なくありません。また、入社直後から1年以上、大型案件でテストをしていたので、デザイナーとしてのキャリアは1年と少ししかありません。弊社の新人は通る道らしいのですが、もともとデザインに力を入れるということで入社を決めたので未だに納得がいっていません。

 デザイナーとしてのキャリアもろくに積めておらず、部長や産業医に相談しているのですが好転する兆しも見えません……。部長や上司、営業部は「考えている」や「もう少し待ってほしい」とよく言いますが、ほんの少しの期間だけ忙しくなったり丸投げされたり、暇になってまた声を上げたりするというループが続き、彼らに対する信用や信頼も尽きています。

 転職も考えているのですが、前述の通りキャリアもないままでは難しいと思っています。個人で勉強やコンペ参加も始めたのですが、結果も出ずどんどん気力がなくなっていくのを感じます。そんな状況が周囲からも分かるのか、「やる気がなさそう」と指摘されたり無気力さを心配されたりしています。

 いっそのこと、思い切って転職をしてしまったほうがいいのでしょうか。甘えもあるとは思うので、もう少し耐えてみたほうがいいのでしょうか。他の方と比べたら小さい悩みだと思うのですが、よければご回答頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

(26歳 女性 会社員)

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):うちの息子が、全くこの方と似たようなことを言っていたんですよ。

大竹剛(日経ビジネス 編集):確か以前、SIの仕事をしているとおっしゃっていましたっけ。

上田:そう。この方と同じように、上司から仕事を丸投げされて、その結果、納期だとかいろいろと障害が出てしまうと。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

 きっと、僕よりはパソコンもスマホも使いこなせる上司なんだろうけど、システムインテグレーターという世界での基本的な知識や技術があまりないらしく、むちゃくちゃなことを指示してくると言っていたんだな。

 僕は息子に言ったんです。「お前、それこそチャンスだろう」と。「お前の上司が全く何も分かってないということは、お前が好き勝手できるということじゃないか」とね。

大竹:どういうことですか。

上田:上司がシステム関連のことを分かってないということは、息子がいなければそこの部分の仕事、商売が回っていかないということだよね。そのことを、まず自分で意識しろと。「俺がいなかったら回るはずがない」と考えるんです。相談してくれたこの女性も、同じですよ。

 例えば、あなたが2週間休んだら会社、あなたの組織はどうなるか。バタバタして回らないのではないでしょうか。だから、自分はそういう仕事をしているんだという自覚を持ってください。そして、その状況をうまく利用して、自分の技術なり知識なりを広めてください。転職は、その後でも大丈夫でしょう。

 最近はAI(人工知能)だとかIoT(モノのインターネット)だとか、その世界ではいくらでも人材がほしいくらいだから。だから、今の会社で、まずは自分で能力をステップアップさせてから、転職を考えてみてはどうですか。

 それは、今の職場が嫌だから転職するんじゃなくて、自分の技術なり知識なりをより高く評価してもらうための転職です。こういう世界は年功序列じゃないでしょうから、能力を高めれば転職の道はなんぼでもある。

 逆に言えば、今の状態で転職しても、給料はさほど上がらないと思いますよ。

大竹:十分にスキルを積めてないと。