悩んだらちょっと視点を変えて見てみよう

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹:この遅刻常習犯を矯正しないと、ほかの人がバカを見るのではないかと心配しています。

上田:ほかの人はバカを見ません。バカを見るのは、この遅刻常習者です。会社は見ていますよ。遅刻しても、同じ給料をもらって同じように過ごし続けられるなんてことはありません。会社での将来のポジションが、日ごろの行動で全然違ってきますよ。

 損をするのは周りの人ではなくて、遅刻の常習犯です。周りの人になにか言われたら、そう答えてください。

大竹:確かにそうですね。遅刻常習犯のために悩むのなんて損ですし、その人が遅刻をしない人と同じように処遇され続けることもないでしょう。

上田:僕だっていろいろな会社に出向してサラリーマンをやったけど、いろいろな人間がいたよ。これまでも「周りはくだらんやつばかりで、こんな会社なんか……」といった相談があったけど、僕だったら、そんな状況にいたらラッキーだと思うね。上司でろくでもないやつがいたら、「こんなやつでもそこまで出世できるんだ。いい会社だな」と思うね(笑)。

大竹:ちょっと違う視点で見れば、物事っていかに楽に見えるかという、上田さん流の処世術だ。

上田:そう。だから、悩んだらちょっと視点を変えて見てみてください。

大竹:ただし、「遅刻はダメ」と言い続ける。

上田:それは本当に言い続けなきゃ。

大竹:根負けしてはダメということですね。

上田:ええ。

大竹:上田さんは全然遅刻はしなかったんですか。

上田:遅刻なんてダサいことはしなかったですよ。

大竹:でも、きっと時間どおりに行くような性格ではなかったですよね。夜も遅かったですし。

上田:もし会社に時間通りに行くことができない、時間に合わないと思ったら、そもそも行かなかったよ(笑)。半休という制度だって、会社にはあるでしょう?行かないと決めたら、ちゃんと布団の中から前もって電話して、アシスタントさんや後輩にタイムカードをこっそりガチャーンと半休と押しておいてもらうんです。