25歳差の愛が実ることもある

大竹:ちなみに、最近の男と女の話題でいうと、フランスのマクロン新大統領(39歳)と妻のブリジットさん(64歳)は、かなりの年の差婚ですよね。

上田:そうだよね。ブリジットさんはマクロンさんが高校生の時の先生でしたっけ。年の差は25歳とか。

 あれは赤い糸で結ばれておったんですよ。素敵な話じゃないですか。マクロンさんはやっぱり伴侶として常に教えてくれて、アドバイスや注意をしてくれるブリジットさんがよかったわけですね。それがたまたま、25歳離れておった女性だったと。しかも、略奪婚だとか。ブリジットさんは結婚しておったんでしょう。それでもマクロンさんが好きだ、好きだといって結婚した。結果どうだったか。お互いにきっと、ハッピーだったわけでしょう。

 だから、相談してくれた彼女も、行動しなきゃ。

大竹:男も女も、恋愛は行動あるのみ、ですね。

上田:恋はすればするほど艶が出る、と(笑)。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしい悩みを募集します。悩みの投稿は日経ビジネスDIGITALの有料会員か、もしくは日経ビジネスオンラインの無料会員になる必要があります。日経ビジネスオンラインの無料会員の場合は、投稿に会員ポイントが必要です。

>>お悩みの投稿<<