好評連載中の“ファミマの黒幕”、上田準二さんの「お悩み相談」。連載13回目は、36歳男性(契約社員)の悩み。不正を見つけて内部告発したら、握り潰されて、しかも解雇された。幸いにも別の部署で採用されたが、そんな会社で働き続けるべきか。上田さんは、「まずは社長に直接、手紙を書け」とアドバイス。その真意は?

悩み:「社内で不正を見つけ、内部監査の担当者に通報したが、握り潰されて解雇されました」

契約社員で勤務していた際に、不正を見つけ社内の内部監査担当に相談したところ、不正は黙認され、自分だけでなく同僚の雇用契約も解除されてしまいました。運良く社内に異動先が見つけられましたが、今後の会社との付き合い方を悩んでいます。やはり社外に道を求めたほうが良いのでしょうか。

36歳 男性(契約社員)

大竹剛(日経ビジネス 編集):上田さん、長い間お疲れ様でした。先週の株主総会で、ついにユニー・ファミリーマートホールディングスの取締役を退任なさいました。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):ありがとう。これで僕も、自由の身だ。

大竹:とはいえ、相談役は続けるのですよね。最近は、相談役や顧問という肩書に対して、役割が不透明だという指摘もあります。“会社の黒幕”として、院政を敷いているのではないかとか。

上田:そうだね。相談役が現社長の経営判断に口を挟むというのが、相談役制度の問題だということになっている。確かに、一部でそういう人もいるな。OBが相談役になって、いちいち今の社長にああだこうだと圧力をかけたり、制約をつけたり。有名大企業の中でも、そういうことが非常に多かったからね。

大竹:そうですね、ここ最近はそんな話をよく聞きました。

上田:うん。僕はそういうことをやるべきじゃないし、やめるべきだと思うんだよね。僕が社長を退任するには、会社との関係に区切りをつけるんだから、会長だとか最高顧問だとか、そういうことはまったく考えなくて相談役にしてもらったんだよ。会社が決める相談役というのは、一般的に”功労職”みたいなものだから。新体制の経営陣には、きっちりと自分たちの考えで新たな改革をやっていってもらいたいからね。だから僕は、決して問題になるような相談役ではないですよ。

大竹:5月23日に発売した「黒幕引き丼」は、その決意の現れですか。「ファミマの黒幕、ファミマのドン。上田元会長引退の置き土産」として、上田さんが発案したという「ファミチキ」を使った丼ぶり弁当が登場しました。会社自ら「ファミマの黒幕」と上田さんを呼ぶのは、異例の悪ノリだと思いますが、キャンペーン動画に登場する社員(?)は、「もう戻ってこないでくださいね」と懇願しています。

上田:そうなんだよ。あそこまでされたら、もう戻るわけにはいかないだろ。ようするに、黒幕引き丼は社員が僕に突きつけた引導だな。絶対に戻らないよ。さようなら。これからは会社とは決別した人生を歩みます(笑)。

大竹:さようならだなんて、この相談コーナーはやめないでくださいよ。楽しみにしている読者の方々がたくさんいるんですから。

上田:うれしいですね。これは続けさせてもらいますよ。僕の耳にも、いろいろと心待ちにしているという読者もおるらしいということは、風の便りで聞いています。

大竹:ありがとうございます。それでは、いつものように始めさせていただきます。今日の相談は、大企業にお勤めの36歳、契約社員の方からです。社内で不正を発見し、内部監査担当に相談したところ、逆に雇用契約を解除されてしまったそうです。