ユニー・ファミマHD相談役、上田準二さんのお悩み相談。今回は仕事をしながら3人の子供を育てる女性。14年間、家事をサポートしてくれた姑の来訪が苦痛に。上田さんは「子供の家事手伝い」と「犬」がカギを握ると回答。そのワケは?

悩み:仕事と家事の両立を14年間支えてくれた義母との関係に悩んでいます。毎週1回、5000円を払ってサポートに来てもらっていましたが、正直、もう来てほしくありません。大変感謝をしていますが、私の残業を嫌う義母に対する精神的な負担が大きく、辛いです。どうしたらいいでしょうか。

 3人の子供の子育てと仕事の両立を14年間支えてくれた義母についてです。子供が大きくなり義母のサポートが不要になってきて、これからの関わり方について悩んでいます。主人にも誰にも相談できず、よろしくお願いします。

 メーカー正社員としてフルタイムで勤務し、14歳、11歳、9歳の子供を育てています。育児休業の計5年間を除いて、義母に毎週一泊、5000円を支払ってサポートに来てもらっていました。主人が早く帰れない仕事だったこともあり、子供が小さい時は幼稚園の迎えや子供の話し相手などとして、義母なしでは仕事と子育ての両立はできない生活でした。これまでのサポートをとても感謝しています。

 ただ、一番下が小学3年生になり、子供たちが自分で様々なことをできるようになった今、家事が苦手な義母の活躍の場が少なくなりました。私の残業を嫌う義母がいる日は夜7時半までには急いで帰宅せねばならないのも苦痛で、最近は義母に来てもらうことが負担になってきました。半年前からは隔週の来訪に減らしてもらいました。

 私としては、もう来訪は断りたいのです。でも子供たちは祖母が大好きで、主人も嬉しそうですし、義母も義父と2人の生活だけでは楽しくなく、できる限り来たいようです。3年前から私の残業が月50時間を超えるようになり、子供たちを8時頃まで待たせることが多く、子供たちの寂しい思いを緩和してくれる意味では、まだまだ来てもらう価値はあります。

 でも私の負担としては、義母への月1万円を家事サポートに回したほうが軽くなるのに……と悩んでいます。どうしたらいいのか、アドバイスをください。

(46歳 女性 会社員)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス 編集): 以前にも似た相談がありましたね(参照:「義理の両親が毎週末やってくるのが苦痛です」)。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):ここで言っている家事サポートというのは、お手伝いさんに来てもらうということかな。

大竹:そうだと思います。彼女としてはそのほうが、義理の母を気にして急いで帰ってくる必要もなくなるなど、精神的な負担も軽くなるということなのでしょう。

上田:だけど一方で、残業時間が50時間超えるようになって、子供たちを8時まで待たせるので、義母に来てもらえば子供たちの寂しい思いを緩和してもらえるとも言っているよね。

 そんないいとこ取りはできないんじゃないかな。誰の気持ちを大事にしたいのか、子供やご主人の気持ちなのか、自分の気持なのか、全部がうまくいくというのは、難しいんじゃないのかな。

 従って、まず、7時半には急いで帰宅せねばならないのが苦痛で、そこから逃れたいというのであれば、お母様にはもう、「今まで大変お世話になりましたけれども、これからはお手伝いはなしにしてください」と言うしかない。これは、ご主人にもはっきりとね。ご主人は来てもらったほうがいいなんて思っているかもしれないから。