子供にも離婚の理由ははっきり言おう

大竹:ただ、お子さんがいらっしゃいます。お子さんにも、その辺ははっきり言ったほうがいいのでしょうか。

上田:もちろん。

大竹:お父さんが浮気したということ。

上田:それは絶対に言わなきゃいけないよ、子供に。旦那が普通に子供をかわいがっていたのなら、何も言わなければ子供はわけが分からない。何でだと思うよね。それで、母親が悪いんじゃないかと思っちゃったら、それこそよくない。

 例えば、子供の世話をあなたがほとんどやっていたのなら、子供を叱ることだって多いでしょう。旦那よりね。そうしたら、子供がなんでお母さんはこんなに怒ってばっかりなんだ、だからお父さんもお母さんのことを嫌になったんだ、とか思ってしまうかもしれない。

 そうじゃないよと。悪いのはお父さんで、お父さんが浮気したから離婚したんだよと、それは子供にもはっきり伝えないといけない。

大竹:子供には知らないほうがいいこともある、ということはないのでしょうか。

上田:子供は知らないほうがいいという意見もあるかもしれないけれど、僕はやっぱり、子供も知ったほうがいいと思う。自分の両親は、お父さんが浮気をしたから離婚したんだということは、理解したほうがいい。このほうが先々、子供にとっていいと思う。

 成長して、大人の事情も理解できるようになったら、お父さんがなぜ浮気したのか、なぜ、お母さんはお父さんのことをケアできなかったのか、そういうことを、自分なりにいろいろと考えて、自分で答えを出すでしょう。

 だけど今は、お母さんの立場で、お母さんの理屈をしっかり伝えたほうがいい。そうしないと、離婚ということだけでも子供にとっては大事件なのに、お母さんが理由をちゃんと説明しないと、さらに混乱しちゃうよ。

大竹:なるほど。

上田:まさか、あなたのお父さんは亡くなってしまったのよ、なんて嘘を言うわけにいかない。

大竹:逆に言えば、子供がいるから離婚できないとか、そういうことはあまり考えずに、はっきり理由を子供に言う覚悟で浮気夫は捨てたほうがいいと。

上田:そう。そう思うことによって、旦那のことを忘れられる。「私が捨てるんだ」と思うことです。「浮気された」なんて被害者意識を持っちゃダメです。

大竹:きっと、職場でも家庭でも、強い方なんでしょう。

上田:ショックでメソメソしていたら、彼女の取り柄がなくなっちゃうよ。ショックでずっと仕事も手につかないほどの負の精神構造にいるのは、彼女らしくないし、浮気男のためにそうなっているなんて意味がない。

 だけど、やはり男と女の関係というのは、こんなにしっかりしている女性でも、浮気されるとこうもショックを受けてしまうものなんだね。相談の内容を簡潔にサラッと書いているけど、よほど傷ついたんだろうね。

 浮気されて、「そういえばもうちょっと、旦那の面倒を見るべきだったかな」と悔やむ気持ちも分かる。だけど、もう済んでしまったことだから忘れないと。

大竹:そもそも、「夫のケア」って何でしょうね。

上田:まあ、一応話し相手になるとか、身の回りの世話をするとか、そういうことだろうね。だけど、「ケアしてもらいたい」とか、そういうことで不満を持つ男はダメなんじゃないか。共働きなんだから、むしろ女房と子供のことをしっかりケアできるような男じゃないと、この方のような仕事も家事もバリバリこなしてしまうような優秀な女性には釣り合わないということなんだよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。