電子書籍でつまみ読み

大竹:今もかなりの量を読むんですよね。

上田:通勤時間や出張の時間を利用して読んでいます。特に海外出張になると、飛行機の中にいる時間も長いでしょう。飛行機の中にいるのがつらいという人も多いけど、僕はそれが逆にうれしい。まとまった読書の時間を持てるから。普段はやはり細切れ、細切れになっちゃいますよね。従って、僕は小説のたぐいは最近、電子書籍で買っているんです。何冊も持ち歩けないからね。電子書籍がいいのは、5~6冊を同時に持ち歩いて、ぐるぐるつまみ読みができることですよ。マックス・ウェーバー、ケインズ、それに『コンビニ人間』(笑)。しかも、読書とは、必ずしもすべてを読み切る必要はありません。

大竹:つまみ読み、つまみ食いでいいと。

上田:うん。だけど、一気に読める本もあるんですよね。

大竹:どういう本ですか。

上田:やっぱり序盤戦から自分の琴線にびびっと響く本は、一気に読み切っちゃいますよ。それで、いろいろ考えながら読むというのは、これは細切れの状態になっちゃいますけど、それはそれでいいでしょうね。それはそれでどういう読み方をしても。

大竹:年間ざっくり何冊ぐらい読むんですか。

上田:どうなんだろうな。数えきれない。最近の電子書籍は面白いですね。あなたは何時から何時まで本を読みましたとかが、分かるようになっている。あなたは読み過ぎですよ、仕事してないでしょうと言われているみたいで、後ろめたくなるけど(笑)。

大竹:本当は、社長室で読書しているんじゃないですか。仕事のふりして。

上田:それは内緒(笑)。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしい悩みを募集します。悩みの投稿は日経ビジネスDIGITALの有料会員か、もしくは日経ビジネスオンラインの無料会員になる必要があります。日経ビジネスオンラインの無料会員の場合は、投稿に会員ポイントが必要です。

>>お悩みの投稿<<