コンビニ大手ファミリーマートで発揮した優れた経営手腕のみならず、料理、読書、麻雀、釣り、ゴルフと、多彩な趣味を持つ上田準二さん。ユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長を退任し、取締役相談役となった今だから語れる秘蔵の経験や体験を基に、上田さんが若者からシニアまで、どんな悩みにも答えます。上田さんの波乱万丈の人生を聞けば、誰もがきっと“元気”になる。連載5回目は、同じ職場の女性に恋してしまった、妻子ある33歳男性の相談です。
悩み:妻子ある身にもかかわらず、同じ部署の女性に恋をした

同じ課の女性社員のことが好きになってしまいました。けれど私は妻子ある身。このままでは仕事にも支障が出てしまいます。どのように自分の気持ちと向き合えばいいのでしょうか。

33歳 男性(会社員)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス編集):この男性、不倫の一歩手前、と言うことでしょうか。片想いをしているのか、それとも、付き合い始めているのか定かではありませんが、この33歳男性の悩み、恋愛経験も豊富そうな上田さんはどう受け止めますか。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス取締役相談役):まず、仕事を一生懸命やっとらんな。

大竹:恋する前に仕事をしろというわけですか。さすが経営者的な視点です。

上田:だって、この恋愛は、会社の外での話じゃなくて、社内恋愛の話でしょう。

大竹:はい、社内の色恋沙汰です。

上田:ね。それなら、今置かれた自分の職場で、きっちり仕事で自分の花を咲かせ輝かせるのが先決ですよ。そのときに女性が好きだ、しかも自分には妻子がいるなんて、とんでもないね。

大竹:こんな悩み、あり得ない?

上田:あり得ない。と言ったら答えにもならない(笑)。