冷めたまま定年まで過ごしたらつまらない

大竹:計画通りにいっていないから「虚偽だ」という前に、計画を作った側の立場になって物事を見直してみれば、違った風景が見えてくるということですね。

上田:川の対岸から見るんじゃなくて、川を渡って向こう岸に行って物事を見つめ直してください。それでも、やはり違ったということであれば、それでいい。もはや、この会社でやりがいを感じないという結論に達すれば、その次のことをお考えになった方がいいでしょう。

 だけど、今後もこの会社でやっていこうと考えるのであれば、自分もチームの一員としての意識を持ってほしい。そうしないと、あなた自身も会社も困ることになる。

大竹:そうですね。

上田:その方が、ストレスもたまらないはずだよ。どこかできっちりと、右か左か、自分で決めないと、ずるずると「こんな会社なんか」「こんな会社なんか」と言い続けて、つまらない会社人生を送ってしまいますよ。まあ、そう言い続けて定年までいる人も結構多いんだけどね。常に会社を冷ややかに見ながら定年まで勤めるという人もいるけど、それじゃあ、人生つまらないんじゃないの。

大竹:同じ時間を過ごすのなら、会社は楽しまなければ損だと。

上田:そうそう。そのフレーズですよ。会社を楽しみましょう。事業計画も、虚偽と思うか、夢と思うかで、実現性もやりがいも全く異なってくる。

大竹:とはいえ、親会社からもうかってない事業を背負った役員が天下ってきて、結局、子会社の社員は親会社の言いなりかよ、といった不満もあるのではないでしょうか。

上田:この役員は、自分が責任を持ってこの事業を担当していたわけですから、「私が子会社に行ってやります」と自分から言ったか、あるいは社長から「君が行ってやれよ」と言われたか、どちらかの経緯があったんでしょう。

 僕も伊藤忠商事時代に、もう本当にどん底の関連事業会社があったんですね。結局、親会社として伊藤忠がもっと関与する必要があるということになった。そのときに、僕が行ってやりますと言ってやったこともあるし、お前が行ってやれと言われて行ったこともあった。ただ、いずれにしても、行った先の子会社では、永遠にこの会社は黒字にならんわと思って仕事をしたことは一度もない。絶対に黒字にすると思ってやっていたよ。

 確かに、出向先ではこの方みたいに冷めた人もいましたね。「上田さん、この事業がうまくいくとか、黒字になるとか言うけど、これがダメだ、あれがダメだ、ムリムリ」と言うような人がね。そのたびに僕は思わず、「君がやるんだよ、俺と一緒に」と何度も言いそうになったものだよ。

大竹:ついつい「お前の会社だろう。お前がやるんだよ」と口に出そうになった。

上田:そう。だけれども、まあ、そういう方が1人や2人じゃなくて、行った当初はもう半分ぐらいの社員が、そんな状況になっていたわけよ。そういう、できないことを報告するリポートは、みんなものすごくきれいに書いてくるんだ。だけど、僕にとっては、それも逆に参考になったんですよ。何でできないかという理屈は、どうしたらできるかの裏返しだからね。

大竹:相談者の状況と似ていますね。

上田:そうでしょう。

 だから、この方が批判するA事業を背負って天下ってきた役員も、意外と私と同じようなことを思っているかもしれない。そうであれば、もしかしたら、部外者のように批判するのではなく、むしろチームの一員として前向きにプロジェクトに加わってみたほうがいいかもしれないですよ。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

この記事はシリーズ「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』
 

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏/酒ジャーナリスト 葉石かおり氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください。


>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。