「昇進」を夢見たら際限がない

大竹:経営幹部を目指すことは、目的じゃないと。

上田:そのように気持ちの整理をつけていただきたいですね。今と同じような状態で働き続けると、ますます深みに落ち込んでいくよ。

大竹:昇進とか出世とか、そういうポジションをゴールにしちゃうと、どうしても負のオーラがでてしまうということですよね。上田さんは、そういうことは考えなかったのですか。

上田:うん。僕だって30代、40代の頃に、ファミリーマートの社長になろうなんて思って仕事をしていたら、おそらく課長にもなっていなかったんじゃないかな。あいつが俺より先に課長になったとか、あいつがファミリーマートの役員になったとか、そういう事を考えたら、目先の仕事に集中できないでしょう。

 自分に与えられたポジションで、いかにきっちり元気に明るく充実した仕事ができるか。同期、後輩、先輩、上司……。みんなを巻き込んで一緒に職場を盛り上げていくように仕事をするにはどうしたらいいか。昇進が速い、遅いみたいなことを考えていたら、楽しく元気に仕事をできますか?

大竹:いつか来るであろう、昇格が頭打ちとなる状況なんて、今から考えてはダメだということですね。

上田:昇進というのは、夢を見ようと思ったら、際限なくあるわけだよ。

大竹:考え始めたらきりがないと。

上田:いずれにしたって昇進というのは、どこかのポジションで終わるわけだよ。年齢的にも、仕事のスキル的にも、自分自身の体力的にも。会社が若手を登用する方針を打ち出せば、自分より若い社員に追い越されることもあれば、事業環境が変わって必要とされるスキルが変わることもあるだろうし、怪我や病気で今まで通りの働き方ができなくなることだってある。だから、必ずどこかで昇進は終わるんです。

 もちろん、どこが終わりなのかということは、誰にも分からない。だから、その時々で気持ちの持ち方をきっちりと整理して変えていけばいいんですよ。

 ちなみに、サラリーマン人生で出世した人の健康寿命と、出世しなかった人の健康寿命、どっちが長いと思う。

大竹:どうでしょう。出世しなかった人の方が長いんですか。

上田:絶対にそうだと思うよ。出世するために、家庭を犠牲にする人は多いと思うんだよね。だけど、70歳で経営から退いて、つくづく思うのは、仕事以外のライフワークというか、人生の過ごし方をしっかり持っている人のほうが、60歳、70歳ぐらいまで会社で役職に就いてがむしゃらに仕事をしてきた人間よりも、はるかに引退後は元気だよ。

大竹:出世をするかどうかと、家庭を犠牲にしているかどうかは、本当は関係があってはいけないですよね。そもそも、家庭を犠牲にしなければ出世しないような組織や社会のあり方がおかしいわけで。最近は働き方改革という掛け声でこうしたかつての常識を改めようという機運もありますが、はたして現実はどこまで変わっているかどうか……。

上田:そういう意味でも、彼女には出世を目指して深夜残業までしてがむしゃらに働くのではなく、新しい働き方のロールモデルになってほしいね。

読者の皆様から、上田さんに聞いてほしいお悩みを募集しています。仕事、家庭、恋愛、趣味など、相談の内容は問いません。ご自由にお寄せください。

>>悩みの投稿<<

*この連載は毎週水曜日掲載です。