睡眠の質は、枕の高さと布団の中の温度で決まる

布団の中を33±1℃に保つと快眠につながる

平均年齢22.5歳の女性6人に参加してもらい、寝床の中の温度と睡眠の質との関係を調べた。布団の中の温度が33℃のときが、ノンレム睡眠(深い眠り)の割合が多い結果となり、最も睡眠の質が良かった。図中の睡眠の割合を示す数値はモニター6人の平均値。(西川産業日本睡眠科学研究所と橋本生理人類研究所の共同研究より)
閉じる