悩みの根源の「罪悪感」を癒やすためには?

最後にまとめをしたいと思います。第1回第2回、そして今回のお話で、職場での息苦しさ、家庭での問題、すべての原因は、罪悪感だという話をお聞きしました。その罪悪感とは、自分を受け入れていない、認めていない、愛していないということだと思うんですね。

 その通りだと思います。

では、自分をそのようにしてあげるには、どうすればよいのでしょうか?

 これは、非常に難しいと思います。まず、自分を受け入れることは一人ではできません。自分で自分を受け入れようとしても、無駄。何がどうなっているのか、自分では分からないからね。必ず他者との繋がりが必要です。

 例えば、マイケル・ジャクソンが、『We Are The World』という歌を作ったんですけど、実際に歌われたものは、マイケルが元々書いた歌詞と違うんです。

 実際に歌われた歌詞は、「There’s a the choice we’re making=ここに我々が成そうとしている選択がある」。それが、アフリカ人のために寄付をするという選択、という意味なんですけど。

 ところが、マイケルのデモ版にある元の歌詞は「There’s a chance we’re taking=私たちが掴もうとしているチャンスがある」なんです。

 分かりますか? この違いのすごさが。

 マイケルの詞は、「我々の生活を正しい方向に導くチャンスを掴もう、それは与える、ということだ」と言っているんです。

 自分が持てあましている「本当に必要ではないもの」を、「本当に必要としている人に与える」という行為によって、何が本当に必要であるかが明らかになると私は解釈しました。詳しくは、自著『マイケル・ジャクソンの思想』(アルテスパブリッシング)に書いてあります。

 つまり、「与える」という行為は、それを通じて、自分自身を受け入れるチャンスになるんです。本当に困っている人を助けることができたら、自分は自分を受け入れられるようになると思うんです。どんなに自己嫌悪を感じている人であっても。

罪悪感にさいなまれている人でも、そこから脱するヒントがここにある。

 あると思う。与えること。助けること。社内ですごく困っている人を助けるでもいい。お客さんを助けるでもいい。家族を助けるでもいい。その時、自分自身の立場をほったらかしてやるとしたら、ものすごく大きな一歩になると思うんです。

 これは、「助けることがよいとされているからやろう」ではダメなんです。これは結局、自分に対する言い訳になってしまうから。

 自分がその時に助けたいと思った人に手をさしのべる。心からそう思っているかどうかがすごく大事なんです。

 難しいですが、これが罪悪感から脱する一つの回答になると思います。

(写真:小野さやか、ヘアメイク:藤岡ちせ)

安冨 歩(やすとみあゆみ)さん
東京大学東洋文化研究所 教授
安冨 歩(やすとみあゆみ)さん 1963年大阪府生まれ。1986年3月、京都大学経済学部卒業後、住友銀行勤務。1991年京都大学大学院経済学研究科修士課程修了後、京都大学人文科学研究所助手。96~97年、英ロンドン大学LSE(London School of Economics and Political Science)の滞在研究員。1997年、「『満洲国』の金融」で同大学院にて博士を取得、第40回日経・経済図書文化賞受賞。同年名古屋大学情報文化学部助教授、2000年東京大学大学院総合文化研究科助教授、2003年同大学院情報学環助教授を経て、2007年東京大学東洋文化研究所准教授、2009年より同教授。主な著書に「原発危機と『東大話法』」「生きるための経済学」「ドラッカーと論語」「生きる技法」「ありのままの私」「マイケル・ジャクソンの思想」など多数。

この記事は日経Gooday 2016年6月10日に掲載されたものであり、内容は掲載時点の情報です。

この記事はシリーズ「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。