なぜ結婚は「男女」でなければならないのか

多くの女性たちは、結婚する相手を選ぶときに大なり小なり「条件」を考えますよね。社会的地位や収入だけじゃなくて、真面目に働いているかとか、浮気しなさそうかとか、ギャンブルしないかとか、そういうものを条件にしている人もいます。ただ、結婚生活が「条件で選ぶ」ことからスタートすると、限界が来るかもしれませんね?

 その限界が来るのが、40~50代なんですよ。よくあるケースが、つきあい始めて、擦った揉んだやるんだけど、「年頃だし、結婚すれば落ち着くんじゃないか」と思って籍を入れてしまう。

 で、結婚式をして盛り上がっても、やっぱりダメなんですね。再びグジグジやって、「じゃあ、子どもでも産んだら変わるんじゃないか」という話になって、子どもをつくったりして。

 でも、またしばらく経ったら、やっぱりグジグジ揉めるんです。それでもう一人子どもを作ってみたりして。さらに「家でも買えば落ち着くんじゃないか」みたいな話にもなって(笑)

ますますしがらみが増えてしまいますね。

 そうそう。大体、こういうことが一巡する頃が40代なんです。もうやることがない。どうしよう。それで、不倫とかが始まるわけですよ。

家庭がそういう状態で、会社でも息苦しいのであれば、逃げ場がないですよね。

 ないですよ。これは大変ですよ。離婚できればいいけど、かなりのコストがかかります。私も離婚した時は、慰謝料やら財産分与やら養育費やら、なんだかんだで2000~3000万円かかったように思います。しかも会社によっては、離婚したら出世しなくなる場合だってある。だから、なかなかその状態から脱することはできないんです。

難しい状況であっても、なんとかうまく家庭を保つ方法はないのでしょうか? 女性側が条件で相手を選んじゃった以上、修復は難しいのでしょうか。

 修復以前の問題ですね。女性側は、男性を嫌いなんです。最初から嫌いなんです。

 双方それぞれが思い込みから抜け出して、「果たして、この人と一緒にやっていけるのだろうか」と改めて考え、「やっぱり一緒にいたい」というふうに出会い直すことは可能かもしれません。

 ただ、そういう小説を書いたらベストセラーになりそうなくらい、大変なことでしょうね。それをどうすればいいのか、私にも答えは分かりません。

 繰り返しますが、家庭問題の根本にあるのは、女性差別です。そんなことをしているから、こんな苦しみが生まれてしまうんです。男女平等の社会が築けるならば、お互いに好き同士で結婚する人がもっと増えますよ。

男性だけではなくて、女性も自立してこそ、フェアでいい関係が保たれる。

 当然ですよね。その代わり、女性が自立すれば、結婚しない人も増えるでしょうけど。

次ページ 差別の原因は、「差別したい」という嫌らしい根性があるから