臭いの違いは何から生まれる?

汗と脂質が混ざったものを菌が分解して臭いを生む
[画像のクリックで拡大表示]
「アポクリン腺」から出る汗が「エクリン腺」の汗、「皮脂腺」の脂質などと一緒になり、表皮にある常在菌によって分解されて臭いを生む。

 では体臭が強い人とそうでない人がいるのはなぜか。その答えは汗、皮脂、菌の違いにある。まず、汗を分泌する汗腺には、全身に分布しておりサラサラとした汗を出す「エクリン腺」と、わきの下や下腹部などに多くベタベタとした汗を出す「アポクリン腺」がある。アポクリン腺から出る汗は、腺細胞の一部が分解され、タンパク質や脂質などが一緒に放出されるもの。それがエクリン腺の汗、皮脂腺の脂質などと一緒になり、表皮にある常在菌によって分解されて臭いを生む。これが体臭となる。

 アポクリン腺の数には個人差があり、多い人ほど体臭の原因物質が放出されやすいということになる。また、アポクリン腺の働きが活発な人は菌の種類も変わってくる。アポクリン腺が大好きな「コリネバクテリウム」などの菌が繁殖し、こうなった人は「鉛筆の芯の匂い」とも「納豆の匂い」ともいわれる、悪い意味での「男臭さ」を発散してしまう。

 そして、アポクリン腺が特に多く、コリネバクテリウムが大繁殖している場合は、ワキガ(腋臭症:えきしゅうしょう)と診断され、手術治療(保険適用)を含めた医療の対象になる。だが、「手術の対象となる人は、診察室に入ったとたん匂いを感じるような場合だが、日本人にはあまり多くない」(五味院長)そうだ。

耳垢が湿っている人は体臭に要注意

 五味院長は「アポクリン腺がやや多い程度の人は、自分で匂いをマネジメントできる」とアドバイスする。まずは、自分の汗腺がどのタイプかを知ることだが、五味院長が勧めるのは「耳垢」による判定だ。耳垢の湿りは、アポクリン腺の汗によるものなので、耳垢が湿っている人ほどアポクリン腺が多く、カリカリに乾燥した耳垢の人は少ない。しかも、耳垢が湿っている人、特にペースト状の人は、アポクリン腺の数とともに皮脂の分泌も多い。頭皮、耳、首筋などから匂いを発しやすいというから要注意だ。

 そして、自分の耳垢のタイプに応じた常在菌のコントロールが重要になる。これから暖かい季節になったら、毎日入浴して、わきの下、股間などを丁寧に洗うことは基本だ。「汗をかいてないから大丈夫」と無精することなかれ、一番の目的は汗を流すことでなく、1日の間に増えた常在菌の数を減らすことだ。特に皮脂腺の働きが活発な部位(下図)は、しっかり洗おう。

皮脂腺の多い部位
[画像のクリックで拡大表示]
1日の間に増えた常在菌の数を減らすため、皮脂腺の活動が活発な部位を特にしっかり洗おう。図中に示したほか、後頭部、耳の後ろ、首筋も皮脂腺が多い。

 そして、体臭が最も強くなる可能性が高い(耳垢が湿っている)タイプの人は、わきの下などにスプレーする制汗剤などに殺菌作用の強いタイプを選びたい。これらには「クロルヒドロキシアルミニウム」など毛穴を収縮させる成分や「銀」、「パラベン」などの殺菌成分が含まれている。ただ、頻繁に使うと皮膚常在菌を極端に減らし、逆に健康を損ねることもあるので、体臭がそれほど強くないタイプ(耳垢カリカリ)の人は、マイルドな毛穴収縮作用や殺菌作用を持つ「ミョウバン」などの成分を含む製品を選ぶといいだろう。

 大切なことは自分の体質にあったマネジメントをしっかりすることで、「もしかして自分は臭いのかなあ」といった不安も払拭することができる。さらに、匂いの発生源は体よりも衣服になる場合も多い。外回りの営業マンなど、汗をかくことが多い人は、着替えのTシャツなどをいつも準備しておくといいだろう。