男性ならワイングラスで2杯程度が適量

 とはいえ、大量に飲めば健康どころか、アルコールの弊害の方が大きくなってしまう。ではどのくらいの量が「適量」なのだろうか?

 「純アルコールに換算して10~30g 、つまり100~300mlが適量と呼ばれる範囲で、ワイングラスにして2杯程度です。女性の場合、アルコールによって、乳がんをはじめとするリスクを受けやすいので100ml程度が理想です」(佐藤教授)

 左党からすると、「ワイングラス2杯」は物足りない…。だが「毎日ではないなら、2人でボトル1本を空ける程度なら許容範囲でしょう」と佐藤教授。要は純アルコールに換算して、週で150g内(週2日は休肝日)に収めればいいのだ。

 赤ワインが苦手な人は料理に使って、ポリフェノールを摂るという手もある。「赤ワインのポリフェノールは加熱しても壊れにくく、約6割残ると言われています。料理に使えば味に深みも出ますし、一石二鳥です」(佐藤教授)

 牛肉の赤ワイン煮を食べながら、フルボディの赤ワインを飲む…。想像しただけで喉が鳴る。おいしくて、つい飲み過ぎてしまいそうだが、二日酔いになるほど飲んでしまえば、せっかくの健康効果も水の泡。何事もほどほどが肝心である。

佐藤充克さん
山梨大学大学院・ワイン科学研究センター客員教授
佐藤充克さん 東北大学農学部卒業後、メルシャン入社。東京大学農学部、カリフォルニア大学デービス校を経て、メルシャン酒類研究所・所長に就任。赤ワインのポリフェノールの研究を進める。NEDOアルコール事業本部、研究開発センター所長、山梨大学大学院ワイン科学研究センター、ワイン人材生涯養成拠点・特任教授、山梨県果樹試験場・客員研究員などを歴任。ワイン及びポリフェノールに関する論文多数。

この記事は日経Gooday 2016年1月22日に掲載されたものであり、内容は掲載時点の情報です。

この記事はシリーズ「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。