「海老とトマト」「生姜」の濃厚スープも魅力

つけ汁は、「海老とトマトの鶏白湯スープ」と「生姜スープ」の2種類から選ぶことができる。2人で訪れたら両方頼んで、食べ比べると楽しい
つけ汁は、「海老とトマトの鶏白湯スープ」と「生姜スープ」の2種類から選ぶことができる。2人で訪れたら両方頼んで、食べ比べると楽しい
[画像のクリックで拡大表示]

 こだわりのスープ(つけ汁)は2種類から選択できる。このスープも人気の理由の一つだ。いずれも鶏ガラをベースにしている。「海老とトマトの鶏白湯スープ」は、鶏、エビ、トマトの3種類の食材をバランス良く使用した濃厚なスープ。フランス料理などで提供されるエビのビスク(エビなどの甲殻類をベースにして作られた濃厚な味わいのスープ)のような味わいだ。3種の食材を香ばしく炒めてからダシを取っているそうだ。

 もう一つの「生姜スープ」は、鶏ガラスープにたくさんの生姜を入れて煮込んだというカラダが温まるスープ。お客様に提供する直前にさらに生姜を追加している。寒い日には生姜の量を多めにするなど、日々レシピの微調整をしている。ソースのような濃厚で食べ応えあるスープは、野菜をバーニャカウダ感覚でつけて食べるのにもピッタリだ。

食べた後のお楽しみも

 ベジつけめんには、食べた後のお楽しみがある。残ったスープに入れるリゾットだ(100円)。2種類のスープは“旨味のかたまり”ともいえるすばらしい味わいなので、残すのはもったいない。店長の松浦氏に「リゾットお願いします」とオーダーすれば、五穀米を入れて熱々に煮込んだリゾットを作ってくれる。おなかに余裕があったらぜひ!

「かぼちゃ豆乳プリン」(300円)。砂糖や生クリームを一切使っていない。自然な甘さの優しい口当たりだ。デザートは数カ月ごとに替わる
「かぼちゃ豆乳プリン」(300円)。砂糖や生クリームを一切使っていない。自然な甘さの優しい口当たりだ。デザートは数カ月ごとに替わる
[画像のクリックで拡大表示]

 デザートに、オシャレなカフェで提供されるような愛らしいスイーツを用意している。これも女性客に人気の理由の一つだろう。「かぼちゃ豆乳プリン」(300円)は、素材の甘味を大切にした優しい味わい。加糖はまったくしていないなど、カラダ思いのレシピで仕上げている。

 なお、ベジつけめんは夜のみ限定商品なので、これを目的にするなら夜に訪問しよう。昼の営業時間は、「イベリコ豚の塩らーめん」と「イベリコ豚の醤油らーめん」の王道のラーメンの二本立てだ。いずれも厳選した素材を使ったこだわりのラーメンで、これらは夜も食べることができる。

          ◇      ◇      ◇

 「麺や 庄の」は2016年2月に、米サンフランシスコ店をオープンした。構想から2年もかけてこぎつけたオープン初日には、アメリカのラーメン好きが集まり、100人以上が行列をつくったという。こちらは、ベジタリアンを意識したビーガンメニューで構成している。

写真/福本和洋(MAETTICO)

麺や 庄の gotsubo(ゴツボ)

【住所】東京都新宿区新宿1-32-15 エムズ新宿御苑 1F
【電話】03-6388-9227
【営業時間】11:00~15:00、17:00~22:00
【定休日】日曜日
【ホームページ】http://menya-shono.com/gotsubo/



この記事は日経Gooday 2016年4月1日に掲載されたものであり、内容は掲載時点の情報です。

この記事はシリーズ「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。