毎朝9階のオフィスまで階段で上がっています

 山を登るにはその前提として一定の脚力が要ります。このため毎朝9階のオフィスまで階段で上がっています。できたら2回行うことが目標で、基本的には一段抜かしです。

脚力をつけるため毎朝9階まで階段で上がる。
脚力をつけるため毎朝9階まで階段で上がる。

 スノーボードをやるには足腰を鍛える必要があるから山に登る。山に登るには一定の脚力が必要だからオフィスで階段を使う。好きなことをやりたいがために取り組んでいることなので、ちっとも苦痛じゃないんですよ。

 本格的に運動を再開したのは40代になってから。それまでは特段何かしなくても元気でいられたし、無理も利きました。

 とはいえ、40代に入ると、体力や気力の面で多少の変化が出てきます。一方、仕事に関していえば多少の余裕が生まれてきました。それ以後、水泳やスノーボード、登山などを始め、今に至ります。結果的に、30代の頃よりも50代の今のほうが、はるかに体調がいい。今の自分のほうがエネルギーに満ちている気がします。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

堀 義人(ほり よしと)さん
グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー
堀 義人(ほり よしと)さん 1962年、茨城県出身。京都大学工学部卒業後、住友商事に入社。91年、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。92年、グロービスを設立し、代表取締役に就任。99年、ベンチャーキャピタル事業を手掛けるエイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年、グロービス経営大学院を開学。学長に就任。

この記事は日経Gooday 2015年10月7日に掲載されたものであり、内容は掲載時点の情報です。

この記事はシリーズ「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。