仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

午後イチの眠気対策に昼寝を積極的に活用しよう。(©racorn-123rf)

 昼食後は眠気に襲われて、仕事がはかどらないという人は多いだろう。ビジネスパーソンを悩ます、午後イチの眠気対策に効果的なのが「昼寝」だ。今回は昼寝を最大限に活用する、とっておきの裏技を紹介しよう。

 広島大学大学院総合科学研究科行動科学講座の林光緒教授は、次のような興味深い実験を行った。

昼寝前のコーヒーで目覚めスッキリ

 大学生10人に「昼寝なし」「昼寝あり」「昼寝+目覚めた直後の洗顔」「昼寝+目覚めた直後の高照度の光照射」「コーヒー摂取+昼寝」という5条件を体験してもらい、それぞれについて昼寝後の眠気がどの程度だったかを自己評価してもらった。昼寝をした長さはいずれも15分間だった。その結果、起きた後の眠気が総じて最も少なかったのが「コーヒー摂取+昼寝」の条件であることが分かった(下図)。

コーヒーを飲んでから昼寝をすると、起きた後の眠気が総じて最も少なくなる
[画像のクリックで拡大表示]
広島大学の林光緒教授が、大学生10人を対象に行った実験の結果。「昼寝なし」「昼寝あり」「昼寝+昼寝後の洗顔」「昼寝+昼寝後の高照度光照射」「カフェイン(コーヒー)摂取+昼寝」という5条件を体験し、昼寝から目覚めた後の主観的眠気を比較した。その結果、事前にコーヒーを飲んでから昼寝をした条件で、起きた後の眠気が総じて最も少なくなることが分かった。(出典:Clinical Neurophysiology 114. 2268-2278.2003、改変)

 「コーヒーに含まれるカフェインは15~30分で大半が血液中に吸収されるため、起きるころにカフェインが効きはじめて、スッキリと目覚められます。与えられた課題を解くテストでも、コーヒーを摂取してしばらく経った後が一番成績が良かった。眠気が減り、作業効率も上がるのです。もちろん、コーヒーに限らず、カフェインが入っているものなら紅茶でも緑茶でも何でも構いません」と林教授。