睡眠不足は肥満、うつの原因に

 世の中には「4、5時間寝るだけでいい」というような短時間睡眠法も出回っているが、これについては健康への悪影響を心配する声が少なくない。

 近年の研究によって判明したことだが、寝不足が続くと太りやすい。睡眠時間が短いほど食欲を促すホルモンの「グレリン」が増え、反対に食欲を抑えるホルモンの「レプチン」は減少する。二重の意味で太りやすくなるわけだ。

 また、三島部長らの研究では、睡眠不足が5日間続くだけで、不安や抑うつが強くなることも確かめられている。「睡眠不足のときに不快なストレスを受けると、情動にかかわる脳の偏桃体が熟睡した時よりも活発に働くことが分かった」という。例えば、ミスをして上司に叱られた場合、睡眠不足の時はぐっすり眠った時より心のダメージが大きくなるということだ。

 さらに慢性的な睡眠不足は、メタボや高血圧、糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞、脳卒中、免疫力の低下などのリスクを増大させる。これらのことも、いくつもの研究で明らかになっている。

 こうした健康への悪影響は、業務の支障も招く。例えば、バスやトラック、電車などの運転手が居眠り運転をして、大きな事故につながったことがあった。事故の背後にあったのが、睡眠時無呼吸症候群だ。このような睡眠障害による事故や生産性の低下は、当然のことながら、経済的な損失をもたらす。日本大学医学部精神医学系の内山真教授らが2005年に行った試算によると、勤務中の眠気による作業効率の低下や事故、健康状態の悪化などによって生じる日本の経済損失は年間3兆4694億円にも上る。

 海外では、米国で1979年に起こったスリーマイル島原発事故や、1986年のスペースシャトル「チャレンジャー号」の事故、旧ソ連で1986年に発生したチェルノブイリ原発事故も、スタッフの睡眠不足が主な原因の一つと報告されている。社会全体にとっても、睡眠不足のツケはあまりに大きいのだ。

次ページ 寝過ぎも寿命を縮める!?