「残念ながら、『飲酒量』と『がん全体』のリスクの相関を見ると、飲酒量が増えるほど、罹患するリスクが高まることがわかっています(下グラフ参照)。国際的な因果関係評価では『口腔』『咽頭』『喉頭』『食道』『大腸』『乳房』のがんについてはリスクになるのが確実とされています。この傾向は日本人も例外ではありません」(津金先生)

飲酒量とがん全体の罹患リスクとの関連
飲酒量とがん全体の罹患リスクとの関連
40~59歳の男性3万5000人を9~12年間追跡した調査。「時々飲む」を1として比べると、酒量が増えるにつれてがんの発症率が高かった。「1日2合以上の飲酒を避ければ、防げるがんの割合は12.5%」と報告されている。(Inoue M,et al.Br J Cancer;2005.92:182-87)
[画像のクリックで拡大表示]

「適量飲酒」と「休肝日」がリスクを下げるカギ

 では、何に気をつければ、健康を維持しつつ、酒を飲むことができるのだろうか? ここでも多目的コホート研究から明らかになってきたことがある。それがズバリ「適量飲酒」と「休肝日」である。

 「またか…」とうんざりするかもしれないが、津金先生の以下の説明を聞けば、それがいかに大切なことかがわかるだろう。

 「研究結果を見ると、純アルコールに換算して、日本人にとっての適量は、日に23gということがわかります。酒類に置き変えると、ビールなら大瓶1本(633mL)、日本酒なら1合(180mL)、ワインならグラス2杯程度(約240mL)です。これだけを聞くと“それだけ?”と思われるかもしれませんが、週に換算して約150gまで飲めると考えれば、決して少ない量ではありません。1日当たりの総量を気にするよりも、週当たりの総量として見直せばいいのです」(津金先生)

 そこに加えて大事になるキーワードが「休肝日」である。

 左党としては毎日の晩酌が何よりの楽しみだが、やはり休肝日を設けることは、健康維持のために、そして体を思いやるためにも必要な配慮になると津金先生は言う。

 「たとえ少量であっても、毎日アルコールを飲めば、肝臓はアルコールをアセトアルデヒドに分解する作業を繰り返します。“毒”であるアルコールを日課のように分解するとなれば、細胞にはやはり大きな負担。例えば、1週間当たりの純エタノール摂取量が450gを超す男性の場合、休肝日が『ない人(週5~7日飲む人)』は、『ある人(週1~4日飲む人)』に比べ、1.8倍の死亡リスクになる(出典:Marugame T,et al.Am J Epidemiol 2007;165:1039-46)。1週間の“飲み計画”を立てて、2日以上の休肝日を設け、エタノールの摂取量は150gを超えないようにする。多少のリスクを受け入れるとしたら300gまでを上限とする。これがコホートからわかった最善策です」(津金先生)

 「今日はおあずけでも、明日は飲める」と思えば、休肝日もそう辛くはないはずだ。

次ページ ビタミンB群の摂取が多い人に疾患リスクが