男性ホルモン治療で筋力アップ! 自称「恐るべし62歳」

男性ホルモン効果で「スラッとしましたね」と言われるように。自信につながりますね。

 筋トレはずっと続けてきましたが、ある時から目覚ましいほどの効果を実感するようになりました。数年前にかかりつけのクリニックで、男性ホルモン治療を始めてからです。

 加齢による男性ホルモンの低下は避けられず、テストステロンが減ると意欲低下や長引く疲れ、不眠、肥満などの体調不良を招くそうです。私も以前は70代くらいのレベルに低下していて、男性更年期や体調の悪さを感じてもおかしくないくらいでした。当時は、なんとか気合いでカバーしていたようです。

 それが、サプリメントや生薬のクリームなどによる男性ホルモン治療を始めてから2~3カ月で、ぐんぐん筋力がついて、ベンチプレスのウエイトも上がり、ゴルフの飛距離も伸びました。ここはとくに強調したいのですが(笑)、以前は220ヤード程度だったのが今は260ヤードに伸び、とあるプロを負かしました。もちろん、クラブなどの工夫もありますが、60代でこれほど飛距離が伸びるとは! 自分でも驚いて、「恐るべし62歳」を自称しています(笑)。

 体幹トレーニングを含めた筋トレと男性ホルモン治療を始めてから、体が引き締まって、体重が7~8kg減りました。お腹がスッキリして、洋服のサイズもワンサイズ落ちましたね。一方で、筋力がついて姿勢が良くなり、スーツを着てもビシッと決まる。人に会って「葉田さん、スラッとしましたね」などと言われると嬉しくて、ますますトレーニングに力が入る。こうした好循環ができると楽しいですし、仕事への自信にもつながりますね。


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/インタビュー写真:水野浩志)

葉田順治さん
エレコム社長
葉田順治さん 1953年三重県生まれ。76年甲南大学経営学部卒業。86年5月にエレコムを設立し、取締役に就任。92年常務、94年専務を経て、94年11月から現職。