人は、誰もが、心の中に「複数の人格」を持っており、ある意味で「多重人格」であるといえます。そして、通常は、無意識に、仕事や生活の状況や場面に合わせ、様々な人格を使い分けています。そうすることによって、他人と円滑にコミュニケーションを取り、仕事で高いパフォーマンスを発揮することができるからです。従って、もし我々が、自分の中に隠れている「様々な人格」に気づき、それらを意識的に育て、状況や場面に応じて適?な人格で処する「多重人格のマネジメント」を身につけることができるならば、自然に、我々の中から「様々な才能」が開花していきます。この連載では、「多重人格のマネジメント」や「深層意識のマネジメント」を始めとして、これまで誰も語らなかった「才能開花の技法」について、田坂教授がやさしく語ります。